【定期検診】〜定期検診って何するの?重要性~

歯科医院での治療が終わると、〇か月後に定期検診にいらしてくださいね。と言われることがあると思います。

痛みがある歯や困っていることがなければ、つい、めんどうくさいと思いがちですよね。

しかし、定期検診はすごく大切なのです!今回は定期検診の重要性についてお話しします。

定期検診

定期検診はなぜ重要

ご自身で出血があったり腫れたり、痛みがあるなどの症状があれば歯科医院に行くかと思います。

しかし、特に自覚症状がない場合。定期検診に来ていただけると、ご自身では見えない虫歯や、ご自身ではがつかない歯周病のチェックができます。

また、歯科用顕微鏡のチェックでは、一般的には未病と呼ぶのかもしれませんが、目では見えない小さい虫歯、虫歯になりかけている歯、奥歯の歯肉の腫れ、ポケットの中の歯石など、たくさんのことがチェックできます。

病気につながる因子の早期発見につながりますので、そこのお手入れの方法をお伝えしたり、高濃度のフッ素を塗布したり、早期発見治療だけでなく、予防につなげることが可能です。

定期検診を受けるメリットは?

定期検診を受けるメリットは先ほどお話ししたように、虫歯や歯周病などの病気の早期発見につながります。

歯と歯の間の虫歯や奥歯の方はご自身ではよく確認することはできませんよね?

専門家がチェックすることで小さな変化にも気づくことができます。生活の変化はお口の中にも現れます。

金銭的にも患者負担が減る!?

症状もないのに定期検診に行くのはお金がかかると思う方も多いかと思いますが、虫歯を放置して痛みが出てから治療に来ると虫歯が進行してしまっている場合があります。

虫歯が進行してからだと、治療の回数も増える場合がありますので、治療費も多くなってしまいます。

定期検診で定期的に歯の検査をすることで早期発見したほうがお得になる場合もあります。

何よりも予防や、早期発見、早期治療をすることで自分の歯で食べられる!というメリットがあります。

キレイな歯でモチベーションを上げる

定期検診に行くと、自分では気づかないブラッシングの癖や、磨き残しが残りやすい部分などを教えてもらえます。

いつの間にかお口にあっていない歯ブラシになっていたり、歯ブラシを変えたことで磨けなくなっていることもあります。

また、歯石の除去やお口のクリーニングも行うのでお口がすっきりとします!意外に大切なのがこの状態を持続したい!というモチベーションです。

定期検診ではどのようなことをするの?

定期検診では先ほどもお話ししたように、虫歯の有無のチェックをします。

歯と歯の間だけでなく、かぶせ物の段差から虫歯になっていないか、詰め物はしっかりとあっているかということもチェックしていきます。

歯茎や歯の検査

その他にも、歯と歯茎の間のポケットの深さを測る検査や、揺れている歯はないか、歯ぎしりなどですり減っている歯はないか、歯茎からの出血(出血は歯周病の始まりです)ないかなどの検査を行います。

このとき相談したいことなどがある場合や日々気になる点がある場合は教えてくださいね。

無理のない範囲で定期検診へ

定期検診の重要性についてわかっていただけたでしょうか?

定期検診では自分では気づかなかった症状が見つかるかもしれません。

また定期的に90日に1回、歯周ポケットの中をお掃除すると重篤な歯周病にならなくて済むというエビデンス(科学的根拠)があります。

3~6か月に一度。最低でも、1年に一度は定期検診にいらしてください。

前の投稿

あなたの歯ブラシは大丈夫?~歯ブラシの交換時期について~

あなたの歯ブラシは大丈夫?~歯ブラシの交換時期について~
口腔ケアで感染予防?~コロナに負けない体づくり~
次の投稿

口腔ケアで感染予防?~コロナに負けない体づくり~