東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
投稿
  • HOME »
  • インプラントの種類

インプラントの種類

自分が用いているインプラントの種類

インプラントシステムにはメーカーにより様々な形や表面構造などの特徴や術式があります。
ゆえにシステムにより特徴があり、時として治療方針や予後に影響するのです。

円柱型、歯根型、テーパー型…。
アパタイトコーティング、サンドブラスト、溶着…。
一回法 二回法…。
バットジョイント、スリップジョイント…。
抜歯後即時埋入、即時荷重、イミディエートローディング…。

様々な病院や歯科医院で、様々なインプラントシステムを行いインプラント外科・補綴専門医師として培ってきたノウハウがあるからです。当オフィスでは複数メーカーのインプラントシステムの中から最も適すると考えられる、その時点で最も優れているシステムで対応することが可能です。
それぞれのシステムの利点を生し適応範囲を広げるだけではなく、より安全で確実なインプラント治療が有利に可能となります。

当オフィスは自分の経験をいかすために複数のインプラントシステムを取り揃え、インプラント治療を受ける方々、その方にとり最も安全で適したインプラントシステムを選択します。

ノーベルバイオケア社 Nobel Biocare Holding AG

【ブーローネマルクシステム】

臨床実績と論文掲載率の最も高い世界シェアー No1のインプラントシステムです。
企業開発力と資本力に優位にすぐれ常に一歩先を進んでいるシステムだと思います。
当オフィスでは当然メインの一つとして用いています。

【リプレイスセレクト】

ブローネマルクシステムを簡素化させたインプラントです。
表面構造はブローネマルクインプラント同様に骨と早期に密に生着するタイユナイトです。
ブローネマルクシステムとリプレイスセレクトシステムを組み合わせることによりあらゆる症例に対応出来ます。
日本未認可ではあるが表面にハイドロキシアパタイト(骨の成分)でコーティンしたものや日本のインプラント外科医が日本での販売を待ち望んでいるSpeedy 、grooveyという違うタイプのインプラントもあります。
当オフィスでは日本未認可ではありますが、独自ルートにより入手し患者様との話し合いにより用いることが可能です。

アストラ Astra Tech Inc.

【アストラテックインプラントシステム】

コニカルシールデザインとマイクロスレッドが特徴的なインプラント。この構造は自分が長年科学的に疑問に思っていた事を解決してくれたインプラントシステムです。

世界で最も著名なインプラント周囲組織学の権威であるイエテボリ大学歯周病科主任教授 JanLindhe教授が開発・研究に携わっている事で有名なインプラントシステムです。

ブローネマルクシステムを意識し開発されたものだけに優れた面がたくさんあります。

ストローマン社 Straumann Company

【ストローマンインプラントシステム(ITIインプラント)】

手術が一回のみのインプラントシステムでNo1のシェアーと歴史を誇る。

ブローネマルクシステムと対比されるインプラントシステムであり論文数も多くありその信頼性は高い。

2回法インプラントの最大の欠点であるアゴの骨と歯肉の境界の接合部分がない構造である。しかし、そのような構造であるので前歯などには不向きであり、現在は主に奥歯(臼歯欠損部)に用いるケースが多い。

短いインプラントでも(6mm)でも長期予後が安定する結果を得られたとのことで近々論文で発表されるようである。これが科学的に確認できれば更に適応範囲が広がるであろう。

デンツプライ社 Dentsply International Inc.

ザイブインプラントシステム『XIVE』

アンキロスインプラントシステム『ANXYLOS』

デンツプライ社は歯科産業において世界最大の製造・販売会社です。その企業力を生かしデンツプライ・フリアデント社のフィクスチャーとそれに対応したジルコニアバットメント(セルコンアバットメント)、そしてデグデント社のセルコンスマートセラミックスにて製作した修復物により、インプラント埋入そして審美的治療までトータルケアが可能なシステムです。

PAGETOP