東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
ブログ
  • HOME »
  • 顕微鏡・機器の準備

顕微鏡・機器の準備

特化した当オフィスの標準感染予防対策

当オフィス医療従事者の費やす時間のほとんどは滅菌・消毒、感染予防対策といって過言ではありません。

清潔さが担保され、医療は初めて行えるのです。

完全個室・完全予約制、そして標準的感染予防対策

他院にはまねが出来ない特化した当オフィスのシステムを理解していただければうれしく思います。

清潔さは医療の質に比例します。

 

Advenced Care Dental Office 院長

治療を受ける方毎に必ず行うこと。

常に滅菌されたもの、使い捨て、機器類はカバーやスリーブを新品の物に交換しています。

使い回しやアルコール綿での清拭で済ますということは一切しておりませんのでご安心ください。全て清潔で安全なものです。

スリーブ完了

治療器具は全て滅菌、ビニールカバーで交差感染を防いでいます。

スリーブセッティング

全て新しいものが診療を受ける方の安全を保証するために行います。

ライトスリーブ

アルコール綿での清拭で済ますという危険なこと行為は当オフィスではありません。ご安心ください。

マイクロスコープのビニールカバー、交差感染防止

術者やアシスタントが触れる全てはカバーされ、患者様が変わる毎に新しいものと交換されます
使いまわし、アルコール清拭はありません。全て新しいもの、滅菌されたものです。

吸引管や3wayのセッティング

もちろん治療を受ける方毎に毎回全て滅菌されたものと新品のカバーに交換しています。

吸引管や3wayのセッティング

使い回しやアルコール綿での清拭で済ますということは一切しておりませんのでご安心ください。全て清潔で安全なものです。

吸引管や3wayの滅菌器具と使い捨て器具

水や空気を噴霧したり、唾液を吸ったりする先の装置です。もちろん当オフィスは全て滅菌または使い捨て製品です。

バキュームチップ、吸引管セット

上から
使い捨て吸引管
滅菌サクションチップ
滅菌3wayシリンジチップ

登院では全て滅菌または使い捨て製品ですので安心です。

5倍速ヘッドやエンジンヘッドのカバー

滅菌された先端の5倍速ヘッドやエンジンヘッド類の根元部分は更にカバーをします。

治療機械のカバー

より確実な感染予防対策を行うためです。 常に新しいもの滅菌されたものですのでご安心ください。以下の作業を行うのに、前の方の治療が終了後10分程度要します。

使い回しやアルコール綿での清拭で済ますということは一切しておりませんのでご安心ください。

全て清潔で安全なものです。

ホース類をカバーします

ホース類は毎日新品のカバーに交換しています。

ホース類をカバー

計11本のコードやホースのビニールカバーを交換。
カバーをしなければ汚れがこびりつき不潔です。

デジタルレントゲン撮影装置のスイッチ

レントゲンスイッチを押すことが許されるのは歯科医師のみである。

レントゲンの位置づけやIPフィルム,治療を受けている方の口腔内を触るのだから当然レントゲンスイッチもビニールカバーされているべきである。

レントゲンスイッチ

この状態で汚染された手でスイッチを押してはいけない。

レントゲンスイッチカバー

ビニールカバーで交差感染を防止する。この状態で手袋をした手で触れていいのです。

撮影後速やかにこのビニールカバーは破棄される。治療を受けている方は常に確認出来ます。

デジタルレントゲン撮影装置のカバー

レントゲン撮影は全て歯科医師が行なうものであると学問的・法律的に厳密に決められている。

従って、全ての作業を歯科医師一人で行なうために交差感染に注意しレントゲン撮影を行わなければならない。
対策としては歯科医師が触れる部分は使い捨てビニールカバーを行なうことである。撮影後ビニールカバーは速やかに安全に破棄される。

デジタルレントゲン撮影装置のカバー

デジタル化されたデンタル撮影装置は角度や位置調整のために歯科医師が自らその作業を行い決定すべきである。
口腔内を手袋をした手で触れることがあるため撮影装置はビニールでカバーされている。

標準的感染予防策 ライトのカバー

お口を照らすライトです。

ライトのカバーリング

取っ手部分やスイッチにはビニールカバーをしています。

常に新品の新しいビーニーるカバーです。

ライトのカバー

世界ではライトをカバーすることは常識です。

アルコールで消毒で済ますということは不潔であり、あり得ません。

治療いすで見上げれば清潔なカバーを確認できます。

標準感染予防策 ヘッドカバー

治療椅子の頭を支えるヘッドレストのヘッドカバーは常に新しいものに交換しています。

ヘッドカバー

機器類のコードやスイッチ類はラッピング

医療スタッフがスイッチを触る、コードやホースを触る…感染が広がります。これを交差感染と言います。

これを防ぐために当オフィスでは医療機器のスイッチやコード・ホース類はカバーやラッピングを行ない交差感染を防いでいます。お口を照らすライト、レントゲン装置のスイッチ、削る機械…。交差感染が考えられるすべてをカバーしています。

機器のカバー

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ