東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯科医師

タグ : 歯科医師

小児歯科専門の歯科医院ってどれくらいあるのでしょうか。

全国の歯科医師数

全国で歯科医院は7万医院位あります。直近の統計では歯科医師の総数は10万人を越え、巷では過密とか歯科医師・冬の時代などと言われています。

小児科専門医の不足

一方で、一部専門家からは専門医不足が指摘されており、単に歯科医師数の充足だけを目的としてきた厚生労働省や文科省のこれまでの政策が壁にぶつかっているのは明らかです。不足が指摘されているのは「小児歯科専門医」です。前回のこのコーナーでも説明しましたように、小児歯科というのは高度に専門的な分野です。

専門医の受診で変わる

もちろん、お誕生から18歳くらいまでの全ての子供達が小児歯科専門医の治療が必要ということではありません。ただ、適切な時期に小児歯科専門医の治療を受けていれば、その後の歯列咬合の発育や、治療の必要度が大きく変わっていたであろう症例は数多くあると指摘する開業医もいます。

まずはかかりつけ医へ

実際には、ご自分のお子さんの歯並びや咬み合わせの程度や歯科治療の必要性が、専門医に診てもらうべきレベルなのか、そうでないかの判断はできません。近くのかかりつけ歯科医院で診てもらうのが一般的で、必要に応じて専門医を紹介してもらえば良いのです。

セカンドオピニオン

最近ではセカンドオピニオンの考え方も広く浸透してきましたので、かかりつけ歯科医の説明でわからない場合には専門医の意見を聞くことも可能です。インターネット全盛の現代では、医療機関を探すなどの場合、YahooやGoogleで検索するのが一般的になっています。まして小児歯科を探す30代~40代のお母様方は、最もネットを多用する世代でもあります。ところがネットでは情報が氾濫していて、普通に調べただけでは正確な情報には辿り着けません。中には大学を卒業してから4~5年位で「○○専門」とか「△△の第一人者」と謳っているホームページも散見されます。

小児科専門医を探す

では自分のお子様に合った小児歯科専門医を探すにはどうすれば良いのでしょうか。

多くのお母様方が検索する代表的なサイトはNTTのiタウンページhttp://itp.ne.jp/、あるいは児童向け教材や通信教育で有名なベネッセが運営するウイメンズパークなどがあります。http://women.benesse.ne.jp/

全国では3万件

これらのサイトで「東京都の小児歯科」と検索してみると、iタウンページでは2971件、大阪府では2000件位です。全国では3万件位あるようです。この数字は「小児歯科」を標榜している歯科医院の数です。

これをウイメンズパークで調べてみると、東京都で890件、大阪府で650件となり、全国で7500医院が登録されています。登録基準は明記されていませんが、その信頼性はインターネットの世界では定評があります。

さらに最も確実で正確な情報源である日本小児歯科学会認定医名簿では、小児歯科専門医は全国で500名しか登録されていません。http://www.jspd.or.jp/

単に小児科と検索しただけではダメ

多くの学会のホームページが専門医の名簿を掲載していますが、その多くは検索の便利さという点では、他の商用サイトに比べて劣っていると言わざるを得ませんが、本学会のホームページでは、かなり詳細な情報を丁寧に掲載してあります。このように、単に「小児歯科」と検索しただけで得られる情報には色々な分類があると言うことを、良く知る必要がありそうですね。

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療チームは臨床経験10年以上

医学技術は標準化されているとはいえ、マイクロスコープ顕微鏡歯科治療も含め、やはり経験がものを言う側面もあります。それは医療の質に大きく反映すると考えます。

当オフィスにおいては診療に携わる有資格者は臨床経験10年以上であり、かつ向学心のあるものだけに限定しています。

歯科衛生士には日常膨大な知識と技術習得を課しています。歯科衛生士・アシスタントには知識習得のために毎日のジーチング時の勉強会だけでなく、年に10回以上先進的なセミナーを受講することも課し歯科医師レベルの知識になるよう修練しております。

オフィスで仕事を依頼している歯科技工士とはネットにて終日常に連絡が取れるシステムを構築しています。

歯科衛生士・歯科技工士で当オフィスの望む水準に達している者は10%未満です。故に選ばれた優秀な歯科衛生士・歯科技工士があなたの担当となります。

当オフィスは常に高いレベルで診療が出来るよう、知識と技術レベルをクリアーしている者のみ診療に携わるチーム医療をモットーとしています。

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療

チームスタッフ

歯科医院・医師の選び方

歯科医師の選び方

経験豊かで、知識もあり、技術も高く、治療にまじめに取り組んでいる歯科医師をどのように探せばいいのでしょうか。

周りの人の情報

専門分野を極めて診療されている先生もたくおられますので、一般的に!という考えで解釈していただければと思います。ご自分の周りの方に聞いて回るのもよいでしょう。

一般に重要だと考えるチェック・ポイントは次に挙げる8項目で、それほど厳しい条件だとは思いません。

医療従事者として、歯科医師として当然のことがほとんどです。ただし、診療所のスペースなど物理的な問題で8カ条すべてをクリアできない歯科医院もあるかもしれません。しかし、治療に当たる姿勢がしっかりしていれば、実現できることがほとんどではないでしょうか。

歯科医院チェック項目

そういった意味でこの8項目を参考に、患者様自身の目でチェックして、信頼のおける歯科医師や歯科医院を探すことをおすすめします。

1.歯磨きの指導や歯石の除去など歯槽膿漏対策に熱心

2.インフォームドコンセントがなされている

3.衛生管理が行き届いている

4.担当ドクターが変わらない

5.アフターケアがしっかりしている

6.1回当たりの診療時間を長く、治療期間は短くしている

7.高額治療を無理強いしたり、領収書を出さないところは×

8.スタッフの患者様への配慮が行き届いているか

PAGETOP