東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • マウスガード

タグ : マウスガード

マウスガードって何?

「マウスガード」というものを知っていますか?

ボクシングなどの試合で選手がマウスガードを使用しているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか?スポーツの時に使うイメージがありますね。そのマウスガード、実は歯科医院で作ることができます。

マウスガードは「マウスプロテクター」や「マウスピース」とも言われています。

歯の形に添って作られたプレートで、口の中に入れ噛み合わせて使用します。上の歯に付けて噛み合わせるものや、上下の歯で噛むようにして装着するタイプなど様々な形のものがあります。

マウスガードのメリット

利点としては、外からの外傷を軽減したり、防止する役割があります。

他人との接触が多いスポーツを行うときに起こる危険を軽減する為に多く使用されています。最初に述べたように印象的なスポーツでは、ボクシング、他にはK1やラグビーなどのスポーツに使われています。これらのスポーツではマウスガードの着用が義務化されています。

義務化はされていなくとも他人との接触が多いスポーツを行うときにはマウスガードの装着は行なったほうが好ましいでしょう。

外傷から歯を守る

マウスガードを使用すると、外傷によって自分の歯が割れてしまったり折れてしまったりすることを軽減または防止できます。歯をしっかりと覆うので自分の歯で、自分自身の口の中や、唇を傷つけてしまう事故も防ぐことができます。

自分にぴったりのものを

マウスガードはスポーツ用品店で購入して自分で作成することが出来ますが、ぴったりと自分のお口にあったものを作るのは難しいです。口に合っていないものを使用するのは大変危険ですし、怪我にも繋がってしまいます。

歯科医院で作るマウスガードなら歯型を取り、噛み合わせを調整し、自分にぴったりのオーダーメイドのマウスガードを作ってもらうことができます。

マウスガードの注意点について

熱に弱いので、熱湯を使用して洗ってはいけません。車内などの高温になる恐れのある所に長時間置くようなことも避けてください。

清潔に保つ為に、使用したら専用の洗剤を使用するか、水かぬるま湯ですすぎましょう。柔らかい歯ブラシなどを使って表面をこするのも効果的です。

洗浄したら専用の容器で、乾かないように保管しましょう。次に使うときは、少し水で濡らしてからお口の中に入れましょう。

破損した場合は歯科医院へ

マウスガードは衝撃を吸収するものです。もし穴が開いたり、破損したりした場合はマウスガードを作ってもらった歯科医院へ連絡して下さい。そのまま使うことは決して無いようにしてください。

正しくマウスガードを使用すれば、安全に快適にスポーツを楽しむことができます。そしてより良いパフォーマンスに繋がるでしょう。

マウスガードの正しい使い方

マウスガードについて

◆マウスガードの正しい使い方

1.最初の調整が肝心

痛いところはないか、かみ具合は正しいかなど、最初にしっかり調整しましょう。遠慮なく希望を聞いてもらいましょう。

2.不必要にかみしめない

強くかみしめすぎると、体の柔軟性に悪影響を及ぼします。

3.保管と交換時期

水で十分洗い流したあと、ケースに入れて保管しましょう。高温の湯を使用しない。交換は、半年から1年くらいが望ましいでしょう。変形の原因となります。当然の事ですが、破損したらすぐ交換です。

4.トラブルが出たら

マウスガード使用時にかむと痛みを感じる、歯ぐきが痛い、しゃべりにくい、違和感や吐き気がする、息がしにくい、口を開けると落ちてくる、あごがだるいなどの症状が出た場合は、すぐ歯科医院で調整したほうがよいでしょう。

マウスガードの種類

○ストックタイプ

既製品で個々の歯にあった形でないもの、かんでいないとすぐ落ちる。スポーツ店で100円から500円程度

○マウスフォームタイプ

ボイルアンドバイトタイプ
既製品だが、あっためて自分で歯にあわせるタイプ。500円から3,000円程度いろいろ工夫がこらされているものもある。歯にあわせるにはテクニックが必要で、普通はあまりうまくいきません。

○カスタムメイドタイプ

歯科医が歯型をとってそれにあわせて作ったもの。方法は各種あるが、ビニールシートを吸引や圧接して作ることが多い5,000円から数万円までです。

○ラミネートタイプ

ビニールシートを吸引するだけでは厚みの調整ができないので何枚かのシートを組み合わせて厚みや強度を調整できるようにしたもの。厚みの調整、異なる硬さの材料の組み合わせ、ネームをいれる最近の流行でカスタムメイドタイプよりも高めの料金です。

※ どれがいいかは値段に大きな開きがあるので何を求めるかですが、怪我の予防・使いやすさといった面からいうと、カスタムメイド・ラミネートタイプが歯にあった形なのではずれにくく、そのため大きさも小さくできる。結果として違和感の少ないものになるといったメリットがあります。

歯とスポーツの新たな関係-2

マウスガードとは

マウスガードは、スポーツなどで口に入れ噛むことで外部の衝撃から、口腔内を守ったり、脳などへの衝撃を和らげる働きをするものです。かつては、マウスピースとも呼ばれていました。

どのように使うの?

マウスガードは、弾力性のあるやわらかい材料からできており、外形はU字形をしており通常は上顎に装着します。ボクシングやアメリカンフットボールでは装着が義務化されており、激しいスポーツであるほど、効果を発揮します。

運動能力の向上も

最近では、マウスガードの装着がより身近になってきており、運動能力の向上や、体の生理的なブレを抑える働きがあることがわかってきています。マウスガード装着による安心感が及ぼす効果も期待できます。

マウスガードの必要性

マウスガードはどんな時に必要なのか?という疑問が湧いてきます。口内や舌、頭部の保護としてボクシングやアメリカンフットボールなどのコンタクトスポーツではマウスガードを着用する必要がありますが、これは主に衝撃で舌や口の中を傷つけるのを防止する。ショックを吸収する事を目的としたものです。

<歯や顎を保護するために>

力を入れる時にどうしても歯を食いしばってしまう。あるいはそうしないと力が出ない、というタイプの人は歯や顎の関節を痛めやすくなりますので、マウスガードはこれらを軽減するために有効だと思います。

<顎の位置を固定するために>

特定のマウスガードには理想的な位置に顎を固定しやすくなったり、ずれている「かみ合わせ」を矯正する効果があります。
具体的な効果がどれくらいあるのかについては不明ですが、筋力や競技能力を少しでもアップさせたい!という場合には試してみる価値があるかもしれません。

マウスガードのスポーツ能力との関係

1.かみ締めやすさが向上するので、握力などの静的筋力が増強する。
2.かみ締めの左右のバランスが良くなり、敏捷性、平行能力が改善する。
3.かみ合わせが高くなることにより、脱力感が得られやすくなり、疲労しにくくなる。

歯とスポーツの新たな関係

スポーツ歯学

皆さんは「スポーツ歯学」という言葉をご存知でしょうか?スポーツ歯学とは、簡単に言ってスポーツ医学の歯科分野です。スポーツに起因する歯科的な外傷の治療、予防などのほか、スポーツ・パフォーマンスを最大限に発揮できるよう歯科的にお手伝いをすることも含みます。

さらに、歯科治療で与える薬にドーピング検査の対象となる成分を含まないように配慮したりすることもあります。これらすべてをひっくるめて「スポーツ歯学」と呼びます。

マニアックなトレーニングジムでは、時々口にマウスガードを装着して筋力トレーニングを行っているトレーニーを見かける事があります。また、ウェイトリフティングなどのパワー系競技でもマウスガードを使っている選手が存在するようです。さて、マウスガードにはどんな効果があるのでしょうか?

歯は食いしばるべき?

「大きな筋力を発揮するには歯を食いしばる必要がある。その時に歯を保護するためにマウスピースを使うのだろう。」と考える人が大半かと思います。しかし、それは必ずしも正解ではありません。スポーツや筋力トレーニングで大きな力を発揮している一流アスリートを調査してみても、多くの場合は強く歯をかみ合わせているという事が無く、中には筋力を発揮している瞬間に口を少し空けた状態であることも多いのだそうです。

たとえば、プロ野球の王貞治氏は現役時代、素振りの練習でも食いしばっていたため、歯が磨り減ってぼろぼろになってしまったというエピソードが残っています。

力を発揮するには?

ですが、同時期に活躍した長嶋茂雄氏などは、打つ瞬間に口を開けていたことが、残された多くの報道写真から明らかです。もっとも選手ごとに個人差もあり、人によっては歯をある程度強く噛むことで力を発揮できる場合もあるようですが、現代のスポーツ歯学においては「力を発揮する時には顎や首を含めた体の軸となる部分が適切な位置に固定される事」が重要視されています。

食いしばらなくても力は発揮できる

歯を食いしばらなくても力が発揮できるのなら、特に意識して歯を食いしばる必要は無いと考える事が出来るでしょう。
次回はマウスガードの必要性についてです。

PAGETOP