東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
ブログ
  • HOME »
  • 水・空気など環境

水・空気など環境

超高性能空気清浄機 クリーンエリアプラスで感染制御

歯科治療は時としてチリやホコリそして空気中に浮遊するバクテリアをも遮断する環境が必要なことが多くある。
特に体の内部や骨(コツ)を外界に露出させる口腔外科処置、歯周外科処置、インプラント埋入術においては注意を払わなければなりません。そのような手術を行なう際は小さな医院であっても大病院の手術室と同程度のクリーンな環境が求められます。

クリーンエリアプラス

当オフィスの口腔外科処置、歯周外科処置、インプラント埋入術を行なう『クリーンルーム』には清浄度クラス10000のレベルの手術用空気清浄ユニット『クリーンエリアプラス』を完備している。家庭用のものとはその性能はかけ離れた医療用高性能機種のものといえる。

手術用空気清浄ユニットは“清浄度クラス10,000”の清潔で安全な手術室をスイッチひとつで瞬間的に作り出す。口腔外科手術や歯周外科処置治等、観血的手術を行うには絶対に必要な設備である。

メインフィルタの高性能スーパーバイオフィルタで濾過されたクリーンエアは、ハニカムを通過してまっすぐな整流となり治療部位を確保し術野を超清潔な空間にする。そしてインジケータに風量が常時表示され確認する事が出来るようになっている。

クリーンエリアプラスは安心・安全な治療空間を提供するのに必須な設備となる。

パーフェクトペリオ/高純度活性化HClO

パーフェクトペリオ/高純度活性化HClO

パーフェクトペリオ/高純度活性化HClO

補助的な口腔ケア洗口剤です。オフィスでは口腔の消毒に用いたり、歯科衛生士のマイクロスケーリング®やマイクロデブライトメント®に用います。

外科処置で用いる水

日本薬局方の滅菌された精製水、または滅菌された生理的食塩水を用います。

機器から直結のホース類は滅菌や消毒しての使い回しはしません。汚染物が付着しそれが体の内部に入る可能性があるからです。

手術ごとに新しい完璧に清潔なものを用います。

通常の治療の水

関東のある大学で全てのユニット(治療椅子の機器)の治療用に使われている水(歯を削るときに使われている水)からバクテリアが検出されたというレポートが報告されました。対策を立てていない歯科医院や歯科大学では治療用の水からはほぼ間違いなくバクテリアは検出されると示唆されるレポートです。

水道管までは法的な規制があり無菌状態ですが、規制の無い建物やデンタルチェアーのホース内にはバクテリアが潜むバイオフィルムが存在しうるということと思われます。

欧米諸国では治療に使う水は厳しい規制があり安全が保たれています。残念ながら日本では何の決まりも無く対策を立てていなければほぼ間違いなくバクテリアは検出されるでしょう。

当オフィスの通常用いている治療用の水は世界で最も厳しいとされるアメリカOSHAの基準に準じて安全な水を供給しています。水道管直結とはせず安全で清潔な水を供給することができるボトル方式としています。ホース内にバイオフィルムが出来ない特殊なタブレットで生成された安全で清潔な水です。
歯の治療、外科治療(歯肉や骨の治療)に用いても問題ないことが証明されているアメリカでメジャーな方法として用いられている清潔で安全な水です。

うがい用

当オフィスのうがいで用いている水は逆浸透膜浄水方式(RO)のものを採用しています。活性炭式浄水器の約1万分の1という超微細孔フィルター(0.0001ミクロン)で水の分子以外の不純物を徹底的に取り除かれたものです。

RO水逆浸透膜

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ