歯科治療は時としてチリやホコリそして空気中に浮遊するバクテリアをも遮断する環境が必要なことが多くある。
特に体の内部や骨(コツ)を外界に露出させる口腔外科処置、歯周外科処置、インプラント埋入術においては注意を払わなければなりません。そのような手術を行なう際は小さな医院であっても大病院の手術室と同程度のクリーンな環境が求められます。

クリーンエリアプラス

当オフィスの口腔外科処置、歯周外科処置、インプラント埋入術を行なう『クリーンルーム』には清浄度クラス10000のレベルの手術用空気清浄ユニット『クリーンエリアプラス』を完備している。家庭用のものとはその性能はかけ離れた医療用高性能機種のものといえる。

手術用空気清浄ユニットは“清浄度クラス10,000”の清潔で安全な手術室をスイッチひとつで瞬間的に作り出す。口腔外科手術や歯周外科処置治等、観血的手術を行うには絶対に必要な設備である。

メインフィルタの高性能スーパーバイオフィルタで濾過されたクリーンエアは、ハニカムを通過してまっすぐな整流となり治療部位を確保し術野を超清潔な空間にする。そしてインジケータに風量が常時表示され確認する事が出来るようになっている。

クリーンエリアプラスは安心・安全な治療空間を提供するのに必須な設備となる。