東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 根管治療

タグ : 根管治療

全ての治療に顕微鏡が必要な理由

オフィスの顕微鏡マイクロコープは開業後間もなく導入した世界最高峰のCarl Zeiss OPMI pico MORA Interface

一般的に顕微鏡は根管治療(神経治療)に用いていると一般の方々だけではなく歯科医師でさえもほとんどが思うかもしれません。根管治療において顕微鏡を用いることは導入したその日から容易に用いること出来るからです。

私もそのように考え根管治療にだけ用いるものと思い導入しました。しかし使い込んでいくうちに顕微鏡マイクロスコープは歯や歯周組織の診査、虫歯、補綴治療、外科処置など全ての歯科治療に使えることがわかりました。それは肉眼やルーペでは決して見ることが出来ない世界であり、結果的に治療精度が桁外れに高まり治療結果が飛躍的に良くキレイに治療出来るようになったのです。

全ての治療に顕微鏡

『全ての治療を顕微鏡で』これはオフィスの特化した特徴でもあります。

顕微鏡を持つ歯科医師の中でもまだまだごく少数の顕微鏡歯科治療専門歯科医師にしか出来ない、習得するのが数年かかるといわれ最も難しいとされるFull Time-Direct・Woeking Viewでオフィスの歯科医師・歯科衛生士の全ての診療は顕微鏡行われます。これが出来なければ顕微鏡歯科治療は根管治療程度にとどまるか、またはほかの治療に使おうとしても治療が不確実かつ遅いものとなってしまいます。

根管治療だけ顕微鏡を用いてもその他の治療にも全て用いることが出来なければ、その歯は顕微鏡で治療を受けていないことと同じであると考えます。全てを顕微鏡治療で行わなければその歯は優位には絶対に良くならないのです。

顕微鏡検査、修復治療(エナメル質と象牙質)、歯周治療(今までの医学的常識を全て覆しました)、補綴処置(プレパレーションから咬合まで)、口腔外科処置など全てを顕微鏡マイクロスコープを用いることにより今までは治療が不可能であった歯が治療出来るだけではなく、審美的にも良好な結果を得ることが出来ます。

根管治療で仮歯がなければ直に転院すべきだろう

歯を削った状態はカラダの内部が利出した状態

オフィスではインレーや補綴治療(冠・クラウン、ブリッジ)そして根管治療の際は原則全てのケースで仮歯(テック、TEK、テンポラリークラウン)を作成し治療を行なっている。

仮歯を作製なければその歯の問題だけではなく周囲の歯そして咬合まで変化をきたすであろう。

転院してくる患者のほとんどは仮歯は装着されておらず深刻な状態となっていることがほとんどである。顕微鏡やラバーダムを使っていようが仮歯がはじめの一歩でありなければ話にならない。

【症例】

左が転院初診時の状態、痛みが消失せず抜歯宣告。隣の歯が移動し噛み合わせが乱れていた。

もちろん普通に治療をすれば問題なく機能させることが出来る。隔壁を作製しラバーダムを装着可能な状態に。さらに仮歯を作製し感染予防と咬合の安定化を図る。

顕微鏡歯科とラバーダムと仮歯

詳しくは→(根管治療と仮歯 http://iritani.exblog.jp/22127102/

【仮歯は何故必要なのか】

1)感染防止

歯を削った状態はカラダの内部が利出した状態。汚染物やバクテリアなのど感染に暴露するんを防ぐため

2)審美的回復(見た目の回復)

3)歯の移動防止、咬合の変化を防ぐ

特に根管治療を行なっている歯に関してはかなりな頻度で移動を認める。

4)食事を普通に出来るようにする

5)シミュレーション的役割

採取的な本歯をどのようにするか患者の希望を聞くため

根管治療の際は特に残根状態での治療が問題となる。

治療中の感染の危険性、破折の危険性、ラバーダム防湿の困難性、歯の移動(後の補綴治療の問題)などのリスクがあるからである。

しかし、コンポジットレジンなどの接着技術の進歩により簡単に隔壁作成が可能となり安全に根管治療が行なえるようになっている。

学会レベル現代歯科医学においては顕微鏡と超高画質マイクロCT併用の根管治療は絶対条件となった。

顕微鏡と超高画質マイクロCT併用の根管治療は絶対条件

要するに根管治療において顕微鏡とCBCTなしでの治療はかなりなリスクを伴いあり得ないということです。

オフィスのCTは開業医レベルではほとんど導入されていない世界一の鮮明な画像を得ることが出来、かつ低被爆容量の機種である。世界一よく見えるのである。

顕微鏡と超高画質CBCTなしでの根管治療(歯内療法)は無意味の可能性があるかもしれない、意図的にわざと治さない治療ともいえるだろう。無意味の多く削り、削るべきところは削らず歯におおきなだめーじを100%与えていると言っても過言ではない。感覚的に治療をしているからである。

顕微鏡と超高画質CBCTを併用した根管治療は桁外れに成功率を高め、今まで抜くという診断の歯のほとんどは治療可能となったのである。

超高画質マイクロCT

世界最高峰超高画質マイクロCBCTと今までのレントゲン写真の根尖病巣の診断力

世界一のCTを導入

オフィスのCTはトップクラスの研究施設や大学病院で導入している世界一のCTである。

開業医レベルではほとんど導入されていない。

3dxmultiimagemicroctfpd

下表は由緒ある科学論文をまとめたものです。超高画質CBCTにて日常的に診査を行えない施設では本当のことは言えないかもしれません。レントゲンでの診断は見逃す確率が大変高くそれに伴う治療方針や結果も誤りである可能性が高いからです。

【要約】

普通のレントゲン写真では根尖周囲に「病巣がない」と判断しても、

超高画質マイクロCBCTにおいては実際には約40%の隠れている

病巣を見つけることが出来る。

科学論文をまとめたもの

※実際に根尖病巣がある場合、レントゲン写真にて「病変あり」と判定される確立は0.61

※実際に感染根管による病巣がない場合、歯科用標準レントゲン写真において「病変なし」と判定される確立は0.98

(術後の確認は普通のレントゲンで良いことが示唆)

※デンタルレントゲンで「病変ありと」判定された場合は、実際に根尖病巣が存在する確率は0.97

※普通のレントゲンで「病変なし」と判定された場合、実際に病変が存在しない確率は0.67

※病変の判定が正しく行われる確率は0.77

(全体では普通のレントゲンでは4~5回に1回は正しい診断がおこなわれないということになる。)

【結論】

普通のレントゲンにおける歯の診断は誤りであったことが科学的に証明され、超高画質マイクロCBCTにおける診断は絶対に必要であることは歯科医学的に証明された。

当オフィスに完備する超高画質マイクロCBCTは一般的開業医レベルで普及してきたCT(大まかな顎骨の診査レベル)とは異なり大学病院と同じ歯と歯周組織が細部まで観察する事が出来る世界最高峰のCTスキャンである。

なぜ顕微鏡なのか、歯を長く残すことが出来るから。

患者の歯を虫歯や歯周病にしてしまった原因は全て歯科医師にある

だから全て顕微鏡で行い長期的に再治療のない歯を機能させることが責務なのである。

顕微鏡を用いた場合と用いない場合の違いは当初は気付かないだろう。もし再治療のない、ほとんど病巣部しか小さく削らない、抜くという確率が桁外れに小さい治療法を選択にたいと考えるならば、全ての患者、全ての過程、全ての治療で録画記録を残す顕微鏡歯科治療専門医の中でも僅かな歯科医師の門を叩くべきだろう。フルタイム・ワーキング・ダイレクトビューにより再治療のないより確実な治療が行なえるはずである。

【症例】

1)複数の歯科医が抜歯と治療方針を提示した症例

複数の歯科医が抜歯と治療方針を提示した症例

詳しくはここ→ http://iritani.exblog.jp/22229789/

自費でゴールドクラウンでも中身が問題。

2)複数の歯科医が抜歯と治療方針を提示した残根症例

詳しくはここ→http://iritani.exblog.jp/22158622/

複数の歯科医が抜歯と治療方針を提示した残根症例

歯を残すことを最優先。現代歯科学ではかなりの確率で歯を残せる。

3)根管治療から審美的な治療で全て顕微鏡を用いなければならない。

細部にまで拘れば歯茎が黒くなったり噛み合わせに不都合が生じたりしないからである。

症例集はここ→http://iritani.exblog.jp/i23

治療前と後

歯科医学論文によると根管治療の精度よりもコアや補綴物の精度が予後に大きく影響されるとされている。土台やクラウン(冠)が大事なのである。

従って、歯の治療において歯内療法より補綴治療で顕微鏡をより用いるべきと考える。

4)顕微鏡とラバーダム併用コンポジット修復

歯科治療に於いて最も難しいとされるのは審美的修復治療といわれている。最新の接着技術と顕微鏡マイクロスコープ、そしてラバーダム防湿を併用コンポジット修復ケース

治療直後→http://iritani.exblog.jp/13202057/

4年後の経過→http://iritani.exblog.jp/22186155/

顕微鏡とラバーダム併用コンポジット修復

審美修復は施術した当時はきれいで当たり前。その後の経過とアフターフォローが重要なのである。

以上は全て歯科助手・歯科衛生士が行なう無資格診療はない。全て歯科医師が顕微鏡マイクロスコープで行ない、最新の接着技術そして可能な限りラバーダムを併用した治療である。そのいずれかが欠けてしまえば治療は上手く行くはずはない。

根管治療における超高画質CBCTと器具機材

根管治療における超高画質CBCTについて

【超高画質CBCTなしでの診断は歯科医学的に否定され根管治療における超高画質CBCTは必須条件となりました。】

超高画質CBCT

現代歯科学の技術を集めれば西暦2000年以前には残せなかった歯の治療は桁外れに残せるようになった。

それを行うには歯内療法(根管治療・神経の治療)には様々な医療機器や器具機材そして薬品が必要となる。オフィスではありとあらゆるものを常備し体制を整えてどんな症例にも対応出来るよう準備をしている。

特に現代歯科学において絶対に必要とされているものは、鮮明な画質のCBCTとマイクロスコープである。最近の歯内療法学ではそれらが登場する以前のレントゲン写真での診断は誤りであったこと、そしてそれにより行われた治療や治療法も否定されてしまった。単純X線写真では診断や結果は読み取れないことが歯科医学的に証明されたのでCBCTでの診断を必須としている。そして肉眼やルーペでの治療は不確実かつ予後不良となる確率が有意に高まり顕微鏡で治療をすること以外は認められなくなってきている。

オフィスでは一般開業医レベルのインプラント用CTではなく歯の内部まで詳細に確認出来る大学病院レベルの世界最高峰低被爆マイクロCBCTを完備し、世界最高峰の歯科用顕微鏡で全ての治療、全ての過程を行っている。そしてその動画は全て保存されいつでも確認出来る状態にある。

【ファイルは使い捨てとし破折リスクを回避している】

マイクロCTそしてマイクロスコープは絶対的に必要な医療機器であるが、あとは最近の器具機材の進化もあり桁外れに歯が残せるようになってきたといっていいだろう。

ファイルは使い捨てとし破折リスクを回避

根管形成・拡大はすべてマイクロスコープ顕微鏡で見ながらの治療を行ている。ポストコア除去はほぼ100%の確率で破折なく除去出来ている。

日本ではメジャーなペンシルベニア大学、米国式根管治療法だけではなく、MTA、サーマフィルとAHプラスを応用した根管充填、根管拡大・形成用ファイルは各メーカー(プロテーパー・ネクスト™ 、ウェーブ・ワン®、FKGレイスなど)のあらゆるものを取り揃えどんな症例にも対応出来るよう準備をしてある。根管形成ファイルは使い捨てとしファイル破折防止に努めている。

しかし、機材や薬剤より最後は術者の技術力であることは否めない。歯科医師は患者のために常にスキルアップに努めているのである。

根管治療で歯を抜かないという使命 

【治療を諦めないということ】これが諦めないというきっかけ症例でした。

このレントゲン写真(左)を診たならばほとんどの歯科医師は直に抜歯をするように患者に勧めるだろうと思います。かつての私もそうでした。

(参考症例集 http://iritani.exblog.jp/i18/)

マイクロスコープ顕微鏡、超高画質CBCT、そしてMTAの出現、様々に医療機器や医薬品開発。現代歯科学においてはほんの僅かおおまかに西暦2000年以前には残すことが出来なかった重篤に病んでしまった歯が根っこがある限りはほとんど残せるようになってきました。私の臨床的感覚では何十倍も残せている感覚です。

レントゲン写真

左のレントゲン写真、右側下顎第一大臼歯の歯、根周囲に根分岐部に陰(病気の部分)があります。このレントゲン写真を診たとき私は治療が不可能と思いました。しかし患者さんの強い熱意、とにかく歯を残したいという熱意がありとりあえず治療をしてみました。(正直無駄だと思たのでマイクロCTは撮影しませんでした。)

様々な治療を行なった結果右のレントゲン写真を診たときに歯根膜腔・歯槽硬線が確認でき治っていることに私自身はかなりな衝撃を受けました。

これ以前から他院の歯科医師が抜歯と診断する歯(診断としては正しいと思います)の治療を抜歯せず治療を試みてかなりな高確率で保存(抜かないで治し機能させる)ことが出来ていましたが、このケースは更に絶対に諦めずに治療を試みることを決意させた症例でした。

【参考】

目標は歯根膜腔
歯槽硬線を復元させること

http://iritani.exblog.jp/19376384/

PAGETOP