東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 専門医

タグ : 専門医

小児歯科専門の歯科医院ってどれくらいあるのでしょうか。

全国の歯科医師数

全国で歯科医院は7万医院位あります。直近の統計では歯科医師の総数は10万人を越え、巷では過密とか歯科医師・冬の時代などと言われています。

小児科専門医の不足

一方で、一部専門家からは専門医不足が指摘されており、単に歯科医師数の充足だけを目的としてきた厚生労働省や文科省のこれまでの政策が壁にぶつかっているのは明らかです。不足が指摘されているのは「小児歯科専門医」です。前回のこのコーナーでも説明しましたように、小児歯科というのは高度に専門的な分野です。

専門医の受診で変わる

もちろん、お誕生から18歳くらいまでの全ての子供達が小児歯科専門医の治療が必要ということではありません。ただ、適切な時期に小児歯科専門医の治療を受けていれば、その後の歯列咬合の発育や、治療の必要度が大きく変わっていたであろう症例は数多くあると指摘する開業医もいます。

まずはかかりつけ医へ

実際には、ご自分のお子さんの歯並びや咬み合わせの程度や歯科治療の必要性が、専門医に診てもらうべきレベルなのか、そうでないかの判断はできません。近くのかかりつけ歯科医院で診てもらうのが一般的で、必要に応じて専門医を紹介してもらえば良いのです。

セカンドオピニオン

最近ではセカンドオピニオンの考え方も広く浸透してきましたので、かかりつけ歯科医の説明でわからない場合には専門医の意見を聞くことも可能です。インターネット全盛の現代では、医療機関を探すなどの場合、YahooやGoogleで検索するのが一般的になっています。まして小児歯科を探す30代~40代のお母様方は、最もネットを多用する世代でもあります。ところがネットでは情報が氾濫していて、普通に調べただけでは正確な情報には辿り着けません。中には大学を卒業してから4~5年位で「○○専門」とか「△△の第一人者」と謳っているホームページも散見されます。

小児科専門医を探す

では自分のお子様に合った小児歯科専門医を探すにはどうすれば良いのでしょうか。

多くのお母様方が検索する代表的なサイトはNTTのiタウンページhttp://itp.ne.jp/、あるいは児童向け教材や通信教育で有名なベネッセが運営するウイメンズパークなどがあります。http://women.benesse.ne.jp/

全国では3万件

これらのサイトで「東京都の小児歯科」と検索してみると、iタウンページでは2971件、大阪府では2000件位です。全国では3万件位あるようです。この数字は「小児歯科」を標榜している歯科医院の数です。

これをウイメンズパークで調べてみると、東京都で890件、大阪府で650件となり、全国で7500医院が登録されています。登録基準は明記されていませんが、その信頼性はインターネットの世界では定評があります。

さらに最も確実で正確な情報源である日本小児歯科学会認定医名簿では、小児歯科専門医は全国で500名しか登録されていません。http://www.jspd.or.jp/

単に小児科と検索しただけではダメ

多くの学会のホームページが専門医の名簿を掲載していますが、その多くは検索の便利さという点では、他の商用サイトに比べて劣っていると言わざるを得ませんが、本学会のホームページでは、かなり詳細な情報を丁寧に掲載してあります。このように、単に「小児歯科」と検索しただけで得られる情報には色々な分類があると言うことを、良く知る必要がありそうですね。

◆インプラント専門医師としての経歴◆

【インプラント専門医師としての経歴】

dr-iritani

最近、一般的に普及してきたインプラント。
歯学部を卒業し歯科医師のライセンスを取り立ての頃はインプラント治療を行う歯科医師はまだほとんどいませんでした。
自分は大学に入学した当初の歯学部学生時代よりインプラント治療に興味があり将来はそれを中心に医療を提供する事を意識し東京医科歯科大学第一口腔外科へ入局しました。

インプラント治療は外科処置がメインであり外科の基本手技と全身疾患の理解と管理が必要と考えたからです。
(もちろん、その後は咬合や歯周病そして虫歯の治療も重要と考え国際デンタルアカデミーフェローシップ全日制で研修も積みました。)

特殊で専門性が必要なインプラント治療の知識や技術を得るには大学病院口腔外科や麻酔科でなければ学ぶ事が難しいと今でも思いこの進路は良かったと思います。
このような施設で修練した歯科医師は医学的知識の習得が出来るだけでなく外科の基本手技であるメスさばきや剥離・縫合が全く違い治療結果もおのずと違うでしょう。
インプラント治療を受けるに際しては比較的大きな施設の口腔外科で修練したインプラント外科・補綴を得意とする医師の治療を選択して頂くのも一つの考えと思うのです。

《1993年》
国家資格 歯科医師免許取得
東京医科歯科大学歯学部第一口腔外科入局
基礎医学と外科基本手技を学ぶ。
《1994年》
インプラント初症例(カルシテックインプラント、京セラインプラント)
《1996年》
国際デンタルアカデミー全日制フェローシップ
ブローネマルクインプラント研修
ここはブローネマルクインプラントを最も早く取り入れた研修施設です。
術式から上部構造作製まで全ての行程を実際に行う数ヶ月間に渡るトレーニングを受けました。

BRONZE PRIZE授与

BRONZE PRIZE授与

UCLA EXTENSION FELLOWSHIP
IN CLINICAL DENTISTRY

元日本顎咬合学会会長である保母那弥也博士に直接師事し高度歯科診療を学びました。

《1997年》
東京医科歯科大学歯学部付属病院インプラント治療部へ転科
最も高度で統括的な診療が必要なインプラント治療を学ぶ。
東京医科歯科大学歯学部歯科麻酔科研修
麻酔の基礎(全身管理など)と外科処置に不可欠な鎮静法を学ぶ。
この頃の研究はこちら(クリック)
《1998年》
インプラント外科・補綴専門医師として
関東近郊の各提携医院等でインプラント診療と手術のみを専門に請け負う歯科医師として活動。
各医院で院長としてインプラント外科・補綴専門医師として勤務
咬合や審美的歯科治療にも力を入れ研修を積みました。
《2007年》
Advanced Care Dr.Iritani’s Dental Officeを開院
以後はインプラント治療、咬合を考慮した審美的な治療をメインに行っています。
(最近は2000年以降急激に進歩している虫歯と神経の治療の勉強もしています。)

PAGETOP