東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 噛み合わせ

タグ : 噛み合わせ

頭痛の原因は虫歯?!

虫歯を放置すると他にも症状が

みなさんお口の中はキレイに衛生管理できていますか?虫歯はあるけど歯医者に行くのが面倒と思っている方もいると思います。

その虫歯。ただの虫歯と軽く考えてはいけません。

虫歯があって痛いなぁ~と思っていたら頭まで痛い。という経験をされて困っている方も多いのではないでしょうか?そうなんです。虫歯は放置する事で頭痛を引き起こす可能性があります。

頭痛は体のどこかに不調があると起こります。そのため、虫歯からだけではなく、歯ぎしりや親知らずでも頭痛が起こります。

頭痛

ではどうしてそのようなことがおこるのでしょうか。

【虫歯からくる頭痛】

虫歯が進行して神経まで達すると強い痛みがでます。そのため、虫歯菌が血液から全身に巡り、脳に入る事で脳梗塞などを引き起こす可能性があります。それが原因で頭痛を起こすことがあります。

【噛み合わせが原因の頭痛】

虫歯などで歯を抜いた時、ブリッジやインプラントなどを使わず抜きっぱなしにしておくと前後の歯が倒れてきたり、噛み合う歯が伸びてきたりしてかみ合わせのバランスが崩れます。そのため、顎の筋肉などに負担がかかり頭痛を引き起こす可能性があります。

【親知らずが原因の頭痛】

親知らずが真っ直ぐ生えていない人は要注意です。親知らずが斜めに生えていて、しっかりお口の中の清掃ができていないと、親知らずの周りの歯茎が炎症を起こしたり、痛みが出たり、膿がでることがあります。

膿が顎の奥まで入り込み痛みとなり頭痛を引き起こす事があります。このような場合は、抜歯をオススメします。

【歯ぎしりや食いしばりが原因の頭痛】

歯ぎしりや食いしばりがあると、顎の筋肉が緊張して肩こりを起こしたり、側頭筋が緊張し続ける事で頭痛を引き起こします。歯ぎしりや食いしばりのクセがある方は、自分自身で食いしばらないように注意し、歯医者さんに相談してみましょう。

その他にも頭痛の原因には顎関節症が関係していたり、脳腫瘍や脳梗塞を発症している場合がありますので、気になる症状のある方は早めの受診をオススメします。

二重あごの原因は噛み合わせだった?!

二重あごは太った人だけではない

二重あご=太った人。というイメージがある人がほとんどだと思います。

しかし、体は痩せているのに二重あごになっている人を見たことがある、または周りにいる人がいるのではないでしょうか?

二重あご

実は二重あごの原因は太っている事だけではないのです。肥満とは何ら関係のない二重あごもあります。噛み合わせが原因で二重あごになることがあります。

噛み合わせで重要となるのが、「顎の位置・顎の筋肉・歯」です。この中の一つでも問題があると噛み合わせが悪くなります。

顎の筋肉と関係

二重あごはその中でも、顎の筋肉に関係してきます。あご周りの筋肉が衰える原因の一つに、「早食い」があります。

噛み合せが悪くなる事で顎の筋肉のバランスが悪くなり、筋肉が弱まり、衰えます。その結果顎の位置が下がったり、リンパの流れが悪くなることで二重あごになる可能性があります。

噛み合わせで影響がでてくるのは二重あごだけではありません。

顎関節症

噛み合わせが悪いと噛むたびに顎がずれて顎関節症になる可能性があります。

口を開けると音がする、口が大きく開かない、顎の周辺に痛みがあるなどの症状がある方は受診するようにしましょう。 

頭痛

噛み合せが悪いと首の後ろや頭の筋肉がこり、血流が悪くなることで頭痛を起こす人がいます。 

姿勢

噛み合せが悪いと全身のバランスをとろうとして姿勢が悪くなります

では一旦話は二重あごに戻り、噛み合わせからくる二重あごを治すにはいったいどうしたらよいのでしょうか。

ストレッチ法紹介

2011年12月3日の世界一受けたい授業(日本テレビ)

で紹介されていたストレッチの方法を紹介します。

<ベロ回し運動>

  1. 唇を閉じたまま、舌の外側を大きく回す
  2. 2~3秒かけて1回まわすくらいのペースで、右回り×25
  3. 同じように左回り×25

これを朝昼晩1日3回行いましょう。

<ベロ押し体操>

舌の先端で上顎の歯茎を20秒間押す。力いっぱい押すのがポイントです!

この体操を「1日トータル3分」を目標に行います。

これらの2つの運動をする事で筋肉が鍛えられ、噛み合わせは改善し、二重あごもスッキリしてくるそうです。もちろん1回やっただけでは効果はでません。毎日行う事が大切です。

興味のある方は一度試してみてはどうでしょうか。

仮歯の重要性

根管治療や補綴・修復治療の仮歯(テック、TEK)の必要性

虫歯で歯を部分的に失い治療を行なうわけであるが、その際には欠損している部分を何らかの歯科材料で補うということが必要になる。

銀歯を除去しゴールドインレーを装着したケース

銀歯を除去し仮歯を入れる。テンポラリーインレーはインレーが出来るまでの間の感染防止と咬合の保全を担う

東京顕微鏡歯科 仮歯 テンポラリークラウン

一般的な歯科治療では簡易的なもの(デュラシール、フィットシール、ストッピング)が多く見受けられ患者が転院しているケースがほとんどのように思う。

しかしそれではダメである。

簡易的な仮歯は歯科医学的には歯自体の感染が即時に起こってしまい、それに伴い破折のリスク、歯の移動による咬合・噛み合わせの変化、コンタクトポイントの不良を招いてしまう。仮止めがボロボロに脱離したり柔らかい感触があるのなら注意が必要である。

そのような取り返しのつかない不必要なリスクを患者に与えないためにオフィスではテンポラリー(仮歯)をほぼ全ケースでどのような状況でも作製し治療にあたっている。

仮歯は特に根管治療の際は絶対に必要と考える。感染予防だけの問題だけではない。特に奥歯の場合は仮歯無しでの治療は歯を移動させ治療中のみならず治療後も歯の形態などにを生じさせるからである。

ARUCS Digma / アルクスディグマ2

ARUCS Digma / アルクスディグマ2

ARUCS Digma / アルクスディグマ2

人の感覚を超えた情報を得ることが出来る下顎運動の計測と分析をする装置です。

顎関節症や咬合診断を必要とするケースなどに用います。

世界で最も高い評価を受けているARUCS Digma / アルクスディグマ2は超音波測定によるデジタル式顎運動計測装置です。歯科診療に求められる的確かつ素早い診断を実現するために先進的な機能を搭載し治療の核となすようになってきた。

難しいとされている「正しい咬合採得の根拠」を科学的に解析し「噛みたい位置に噛ませる治療」を診断する装置です。

機能

咬合器用レポート作成
咀嚼運動による中心位決定
ゴシックアーチによる中心位決定
下顎ポジションの決定
顎運動分析
EPA(複数の顎位を同座標で比較)
筋電計

フェイスボートランスファー/Facebow transfer と顕微鏡歯科治療

咬合器に付着した歯型を基本とした診療

オフィスでは全ての患者さんにフェイスボートランスファーを行い咬合器に付着した歯型を基本とした診療を行なっている。

Facebow transfer

口腔疾患である虫歯と歯周病の原因は細菌(バクテリア)と咬合(噛み合わせ)といわれている。

虫歯と歯周病を防ぐには安定し調和した咬合であるということ一つの重要なポイントとなる。日常生活においても快適な噛み合わせを得られれば食事や会話も弾み笑顔も絶えなくなるだろう。

その安定した調和のとれた噛み合わせをつくる基準となるのがフェイスボートランスファー/Facebow transferであり顕微鏡歯科治療と合わせて全ての歯科治療の診断と治療の基本となります。

人間の体は前後左右に調和のとられた状態が良いとされています。カラダのバランスが崩れるとカラダに歪みを生じ、筋肉・骨格・脳・神経系の調和が乱れ様々な身体症状を引き起こすといわれています。

人体は頭頂から踵まで一本の軸が通り、また踵から膝、腰肩、瞳孔線まで体の軸に対し直交している事が理想的であるといわれています。歯並び・咬合も同様に体と直交させることを意識しなければならないと考えます。見た目で顔と噛み合わせそしてカラダ全体が傾き歪んでいれば感覚的にも何かトラブルを抱えるだろうということは医学を学んでいなくとも感じることと思います。

この体の軸から頭頂、頭蓋の軸を基準にした噛み合わせの位置関係が歯科治療における基準となります。この基準を決定するのがフェイスボウトランスファーとなるのです。

フェイスボウトランスファーにより頭蓋の基準面を咬合器に再現します。オフィスで日常診療に用いているのは国際的にも最も信頼性の高い独Kavo プロターevo7です。

オフィスでは患者さん全員の歯型とフェイスボウトランスファーによる咬合器を常に目の前に常設し診療の参考にしています。

咬合器

ヒトの咬み合わせの基準

ヒトの噛み合わせに基準の一つであるボンウィルの三角は一辺が10cm。顔面の幅で12cm程となります。従って噛み合わせの精度をより追求するならば小さな咬合器や簡易的な咬合器を用いることは不適切かつそのような治療を行なったのならば長期的に患者さんは気付かないうちにトラブルを抱え噛み合わせに障害を生じさせ虫歯や歯周病になるだけでなく筋肉・骨格・脳・神経系の調和が乱れ様々な身体症状を引き起こす可能性があります。

それを防ぐためにより快適な咬合であるようにフェイスボウトランスファーを行いヒトの顎の大きさした咬合器にトランスファーし頭蓋に対する歯型・噛み合わせを三次元的な位置を再現しなければならないのです。

フェイスボウトランスファーにより歯型石工模型を咬合器付着することにより正確な診断と治療を行う事がはじめて出来るのです。歯列の左右前後の傾き、スピーの彎曲、ウイルソンのカーブなどの診断が可能に成ります。半調節性咬合器の顆路の調節により、各運動要素による歯の接触状況を知ることが可能となります。また、診断用ワックスアップ、修復物製作に対し必要不可欠です。そこから多くのデータを得る事が出来ます

顕微鏡歯科治療に於いて半調節性咬合器なしでの総合診療は標準的な歯科医学的にもあり得ないでしょう。フェイスボウトランスファーによる半調節性咬合器プロターevo7筋肉・骨格・脳・神経系の調和を保ち長期的に安定した快適な噛み合わせを得るためにも絶対に必要なのです。

咬み合わせ 審美的な補綴治療 』の詳細はこちらです http://iritani.exblog.jp/i23/

おしゃぶり癖が及ぼす影響

おしゃぶりにもさまざま

育児中のお母さんやお父さんの中にはお子さんにおしゃぶりを与えている人も多いのではないでしょうか。最近ではデザインがおもしろいおしゃぶりや、首から下げるひものついたおしゃぶりなども販売されているようです。

おしゃぶり癖

では、おしゃぶりは歯並びなどに影響はしないのでしょうか?

おしゃぶりのメリット・デメリット

一般的に言われているおしゃぶり使用のメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • すぐに泣きやむ
  • すぐに眠る
  • 落ち着く
  • 親の子育てのストレスが減る
  • 機嫌が良くなる

などがあります。

おしゃぶりを与えると鼻呼吸になるので、アレルギーや喘息になりにくいなどの意見もあるようです。

デメリット

  • 長期間の使用で噛み合せが悪くなる
  • なぜ泣いているのか考えないで使用する
  • ふれあうことが減る
  • 言葉をかけることが減る
  • 発語の機会が減る

6ヶ月ぐらいの乳児になると興味があるものなどなんでもお口へもっていってしゃぶるようになります。この行動は、手と目の協調運動の学習だけではなく、いろいろしゃぶることにより味や形、性状を学習しているのです。

しかし、おしゃぶりを使用していると手でつかんだものをお口へ持っていくことが出来ず学習の機会が奪われることになります。

また、一度使用すると長時間にわたり使用する傾向があります。

そのため、発達に必要な機会が失われるのではないか?という意見もあるようです。

おしゃぶりの癖による歯並びへの影響

1.開口

奥歯で噛んでいるのに前歯では噛んでいない状態。

口が閉じにくかったり、上手くものが噛めないことがあります。 

2.上顎前突

前歯のみが前突している状態。一般的に出っ歯と呼ばれています。 

3.乳臼歯交叉咬合

上の歯列の幅が狭くなり奥歯の咬み合わせが横にずれる状態。鏡で見てみると上下の前歯の真ん中がずれています。 

おしゃぶりが歯並びに影響するのは、乳歯が生えそろい、乳臼歯交叉咬合や開口などの噛み合せの異常が存続しやすくなる2歳半ぐらいから3歳以上になってもおしゃぶりを使用している場合です。

注意すること

歯並びの面から考えるとおしゃぶりはできるだけ使用を避けたほうがよいといわれていますが、もし使用するのであれば次の点に注意しましょう。 

  • 言葉を覚え始める1歳を過ぎたぐらいには常時使用しないようにする
  • 遅くても2歳半までに使用を中止するようにする
  • おしゃぶりを使用している時も一緒に遊んであげたり、声をかけてあげたりして親と子のふれあいを大切にする
  • 泣いているからといっておしゃぶりを使用して泣き止ませる手段にしないようにする
  • 4歳以降になってもおしゃぶりが取れない時は、かかりつけの小児科医に相談するようにしましょう。

発音にも影響が

おしゃぶりを長期間使用するのと同様に、指しゃぶりを3歳から4歳を過ぎても続けていると歯並びが悪くなったり、発音に影響がでてきたりします。

子供にとってよい環境を作ってあげ、外遊びなどで社会性を豊かにすることで3歳ぐらいまでには指しゃぶりも卒業することが好ましいでしょう。

子供の歯並びについてもご覧ください>>

子供の歯並び

子供の歯について

子供の歯(乳歯)は全部で20本あり、最初の歯が生後6から7ヶ月で生えてきます。最近の乳幼児の検診では、正常な歯並びの幼児は少ないといい、中には乳児のうちから問題がある場合もあるそうです。乳歯の並びが悪いと永久歯にも
影響するといわれています。

歯並びの悪い原因は?

歯並びの悪い原因を二つに大きく分けると、環境的原因と遺伝的原因になります。環境的原因としては基本姿勢の悪さや食べ物、運動不足が原因の子供の低体温化があげられています。また子供のジュースやお菓子などの糖分の取りすぎにより、カルシウムの活性が妨げられ、歯が弱くなります。

以前は良く咬むことで自然と矯正されていたものが、柔らかい食事を摂取することが多くなり噛む必要が減ると、顎が十分に発達せず顎自体が小さくなりきちんとした歯列で歯が並ばなくなります。また赤ちゃんの時の長期間指しゃぶりを続けることによって、指で歯が押され、上下の噛みあわせが悪くなってしまいます。

遺伝的原因としては、両親に体系や顔の形が似るように、あごの形、歯の本数や大きさも遺伝します。あごの大きさに対して歯の大きさが大きかったり小さかったりすると凸凹が生じる原因となります。もともと歯の本数が少なかったり多かったりしても正しい歯並びや咬みあわせが得られなかったり、下のあごがバランスよく成長していないと受け口や出っ歯を引き起こす原因となります。

歯並びが悪いとどうなるの?

◎良く食べ物を噛むことができません。

歯並びが悪いと前歯や奥歯でちゃんと食べ物を噛むことができないので正しく強く咬むことが出来ません。丸飲みになることも多く、消化器官への負担も多くなります。

◎発音がしづらくなります。

特定の発音 主に、サ行やタ行が発音しづらくなります。

◎「虫歯」や「歯周病」になりやすくなります。

歯並びの悪さから、歯磨きの時、口のすみずみまでキレイに磨くことが難しくなり磨き残しが多くなります。また虫歯を予防してくれる役目を果たす唾液の自浄作用の低下も考えられます。

◎顎関節症になりやすくなります。

歯並びが悪いと、正しく咬むことが出来ません。すると顎の関節や筋肉に負担がかかり、その結果顎が痛くなったり、口を開けられなかったり、関節の音がなったりします。

◎顔のバランスが悪くなります。

歯並びが悪く、バランスの悪い噛みかたをしていると出っ歯や受け口が悪化します。

特に子供は軽い受け口であっても成長過程で症状が悪化することがあります。

◎頭痛・肩こりの原因になります。

噛み合わせが悪いとバランス良く歯を噛みしめることができません。これにより筋肉が悪影響をうけ頭痛や肩こり、姿勢の悪化などを引き起こしたりします。

◎心理的コンプレックスをうけやすくなります。

コンプレックスになる

歯並びが悪いことや、出っ歯 受け口はからかわれたり、口を大きくあけて笑えないといったかなりのコンプレックスになります。

人前で笑えない=笑顔に自信が持てないことは自分自身にも自信が持てなくなり、おもいっきり笑いたいときも気になって手で口をおさえてしまったりするようになってしまいます。

歯並びがキレイになると、噛み合わせや見た目の改善だけでなく、こころまで笑顔になることでしょう。一度、お子様の歯並びについて注意してみてはいかがでしょうか?子供の歯並びは、乳歯が生える時期から永久歯に生え替わり完了するまで長期にわたり観察していくことが必要です。

お子様の歯並びになにか問題、疑問がある場合は、専門医で相談することをお勧めします。

マウスガードって何?

「マウスガード」というものを知っていますか?

ボクシングなどの試合で選手がマウスガードを使用しているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか?スポーツの時に使うイメージがありますね。そのマウスガード、実は歯科医院で作ることができます。

マウスガードは「マウスプロテクター」や「マウスピース」とも言われています。

歯の形に添って作られたプレートで、口の中に入れ噛み合わせて使用します。上の歯に付けて噛み合わせるものや、上下の歯で噛むようにして装着するタイプなど様々な形のものがあります。

マウスガードのメリット

利点としては、外からの外傷を軽減したり、防止する役割があります。

他人との接触が多いスポーツを行うときに起こる危険を軽減する為に多く使用されています。最初に述べたように印象的なスポーツでは、ボクシング、他にはK1やラグビーなどのスポーツに使われています。これらのスポーツではマウスガードの着用が義務化されています。

義務化はされていなくとも他人との接触が多いスポーツを行うときにはマウスガードの装着は行なったほうが好ましいでしょう。

外傷から歯を守る

マウスガードを使用すると、外傷によって自分の歯が割れてしまったり折れてしまったりすることを軽減または防止できます。歯をしっかりと覆うので自分の歯で、自分自身の口の中や、唇を傷つけてしまう事故も防ぐことができます。

自分にぴったりのものを

マウスガードはスポーツ用品店で購入して自分で作成することが出来ますが、ぴったりと自分のお口にあったものを作るのは難しいです。口に合っていないものを使用するのは大変危険ですし、怪我にも繋がってしまいます。

歯科医院で作るマウスガードなら歯型を取り、噛み合わせを調整し、自分にぴったりのオーダーメイドのマウスガードを作ってもらうことができます。

マウスガードの注意点について

熱に弱いので、熱湯を使用して洗ってはいけません。車内などの高温になる恐れのある所に長時間置くようなことも避けてください。

清潔に保つ為に、使用したら専用の洗剤を使用するか、水かぬるま湯ですすぎましょう。柔らかい歯ブラシなどを使って表面をこするのも効果的です。

洗浄したら専用の容器で、乾かないように保管しましょう。次に使うときは、少し水で濡らしてからお口の中に入れましょう。

破損した場合は歯科医院へ

マウスガードは衝撃を吸収するものです。もし穴が開いたり、破損したりした場合はマウスガードを作ってもらった歯科医院へ連絡して下さい。そのまま使うことは決して無いようにしてください。

正しくマウスガードを使用すれば、安全に快適にスポーツを楽しむことができます。そしてより良いパフォーマンスに繋がるでしょう。

PAGETOP