東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 削らない

タグ : 削らない

歯を長く持たせるには

当オフィスは歯科医師・歯科衛生士が全患者・全治療・全行程、全てを顕微鏡で行なう日本唯一の歯科医院である。

歯科衛生士

医師の多くは歯科医師は10ミリ程度の歯を肉眼やルーペで治療していることに違和感を抱いていると聞く。細かい治療においてはコンマ数ミリ以下の精度で行われているのに顕微鏡を使わないのはナンセンスであると考えているようだ。その通りである。

歯は可能な限り小さく、そして余計なところは削らない治療がいいに決まっている。それには全てを顕微鏡で治療するしか選択はないだろう。

現代歯科学においては歯を大きく削る金属治療の意義がなくなり接着技術が確立し小さく治療しかつ再治療というリスクはほぼ解消した。

セラミックが脱離する、破折するというトラブルの原因は歯科医師や歯科技工士のスキルに依存するのである。基本通りキッチリと治療を行えば再治療や経年劣化以外のトラブルがほとんどない治療が出来るだろう。

3枚治療中静止画像

【3枚治療中静止画像。右術後画像フロスがパチッと弾けるクリアな曲線は顕微鏡歯科治療のみなし得る】

患者がいい歯科医を見分ける最も簡単な方法はフロスがパチパチ弾けるか。ささくれたりきつすぎたり緩すぎたりする歯科医はダメである。もしそうなってしまい治療をした歯科医師に修正するよう申し出て再治療を拒否したならば直ちに歯科医を代えるべきである。

削らないように完全なる検査と予防処置が必要であるが、エナメル質を打ち破り残念ながら治療に至ってしまった歯を長持ちさせる治療法はある。

現在の歯科学で有効といわれる治療法がそれにあたる。

重要なことは

  1. 全てを顕微鏡歯科治療行い虫歯はキレイに除去し健全歯質は出来るだけ削らないこと。肉眼やルーペでは不可能と考える。すなわちマイクロスコープ(顕微鏡歯科治療)が基本であること。ラバーダム防湿法も絶対に必要である。
  2. そして、現段階で最も有効といえる最新の接着技術(材料)で詰めものと強固に接着・密閉させることにある。

そうすれば歯は長持ちする。

歯を長く持たせるには次の治療までの間隔を長くすること。出来るだけ小さく削り治療回数を稼ぐことにある。

エナメル質と詰め物の受ける刺激は、同じ環境(熱、酸、温度、水分など)でも異なりその反応も異なるからである。

数十年機能させることが出来る治療法を生涯数回受ければいいのである。

ただし、虫歯を早期に発見することが条件である。それには精密な検査と歯科衛生士のメインテナンスが必須であることは言うまでもない。

Advenced Care Dental Office

マイクロスコープで削らない治療が可能に

極力健康な歯質を削らない。

治療の様子

それはマイクロスコープを用いることにより初めて可能になる。

マイクロスコープでの精密歯科治療が行なわれる以前は肉眼やルーペでの治療が主流であった。やむを得ず虫歯の治療においては、大きく削る(マイクロスコープでの治療レベルと比較すると)ことが行なわれてきた。わずかな虫歯を削るために、健康な歯質を大きく削り犠牲にしてきたと言える。(小さな虫歯の銀歯の治療がその代表)

マイクロスコープの出現と接着技術によりミクロの世界の確実な虫歯治療が可能となったのである。

大きく削る銀歯治療

かつての虫歯の治療は大きく削らざるを得なかった。量的にほとんどは健全歯質を削っていた時代である。

ラバーダム防湿法を併用したマイクロスコープでの精密歯科治療

接着とマイクロの治療

上と同じ大きさの虫歯であると思われる。
現代の接着技術とマイクロスコープにより、2ミリ以下の治療が可能となった。虫歯だけを確実に除去出来るのである。

虫歯の治療もラバーダム防湿法が基本原則

例えれば、歯とはカルシウムの殻で覆われた卵の様なものである。殻が壊れれば中身が即座に腐敗してしまう。

虫歯の治療に於いて最も重要なことの一つはバクテリアやカビが多く潜む唾液から歯を守る環境を作るということである。そして、ドライな環境を作ることである。

歯は無機質であるエナメル質で覆われている。エナメル質は皮膚と同じ外表であり体でもとも固い組織である。しかしその内部は有機質であるコラーゲンから出来た象牙質、そして赤血球も出入りする歯髄(神経)からで来ている。象牙質には無数の細い管もある。エナメル質の内側は体の臓器や血管筋肉と同じ内部と言える。

体の内部である象牙質や歯髄にバクテリアやカビが感染した場合は長期的な良好な予後は得られない可能性が高い。唾液は細菌学的には汚れた河川と同じ細菌やカビが多く潜む。
また、接着作業を行う際はぬれた状態ではなく乾いた状態が必要である。ぬれた状態では薬の作用や接着作業がうまくいかない
その環境を作る最も適したものがラバーダム防湿法と言える。

虫歯の治療 ラバーダム防湿

歯科治療には必須の基本術式と言える。

ラバーダム防湿法は術野(歯)を隔離し明確に露出させ、清潔で乾いた環境で作業が出来る歯科治療の基本となる。
結果的に治療に至った歯を長期的に長持ちさせるということのなる。

Advenced Care Dental Office

先進はマイクロスコープによる顕微鏡歯科治療

いくら治療法が開発され進歩しても、新薬そして治療器具が発明されようとも基本的に用いるべき治療用機器はマイクロスコープであることはだれにも否定できない。

治療の様子

どんなに先進的治療法でも先進機器を使おうとも、マイクロスコープで明視野で拡大し、『見ながらの治療』でなければならないからである。
100年以上前に発明された『ラバーダム防湿法』にとって代わる代替法がないように、これからはマイクロスコープを用いた基本的な手技はしばらく続くと思われる。

現代歯科医学においてマイクロスコープなしでの歯科治療は早期に歯を失い抜くことになり、早期に入れ歯やインプラント治療へ導いてしまうことは明らかになりました。

すでに、時代はマイクロスコープがないから歯をたくさん削り、肉眼やルーペでの治療では残さないので抜きますという理由は通用しなくなったのです。

マイクロスコープの出現は、歯を極力小さく削る処置が可能となり、歯根破折など今までは治療不可能であった範囲まで処置が可能となり、今マイクロスコープを持つ歯科医師たちの努力によりその限りない可能性を見出そうとしています。

IRITANI OFFICE
東京

PAGETOP