東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • ラバーダム

タグ : ラバーダム

根管治療で仮歯がなければ直に転院すべきだろう

歯を削った状態はカラダの内部が利出した状態

オフィスではインレーや補綴治療(冠・クラウン、ブリッジ)そして根管治療の際は原則全てのケースで仮歯(テック、TEK、テンポラリークラウン)を作成し治療を行なっている。

仮歯を作製なければその歯の問題だけではなく周囲の歯そして咬合まで変化をきたすであろう。

転院してくる患者のほとんどは仮歯は装着されておらず深刻な状態となっていることがほとんどである。顕微鏡やラバーダムを使っていようが仮歯がはじめの一歩でありなければ話にならない。

【症例】

左が転院初診時の状態、痛みが消失せず抜歯宣告。隣の歯が移動し噛み合わせが乱れていた。

もちろん普通に治療をすれば問題なく機能させることが出来る。隔壁を作製しラバーダムを装着可能な状態に。さらに仮歯を作製し感染予防と咬合の安定化を図る。

顕微鏡歯科とラバーダムと仮歯

詳しくは→(根管治療と仮歯 http://iritani.exblog.jp/22127102/

【仮歯は何故必要なのか】

1)感染防止

歯を削った状態はカラダの内部が利出した状態。汚染物やバクテリアなのど感染に暴露するんを防ぐため

2)審美的回復(見た目の回復)

3)歯の移動防止、咬合の変化を防ぐ

特に根管治療を行なっている歯に関してはかなりな頻度で移動を認める。

4)食事を普通に出来るようにする

5)シミュレーション的役割

採取的な本歯をどのようにするか患者の希望を聞くため

根管治療の際は特に残根状態での治療が問題となる。

治療中の感染の危険性、破折の危険性、ラバーダム防湿の困難性、歯の移動(後の補綴治療の問題)などのリスクがあるからである。

しかし、コンポジットレジンなどの接着技術の進歩により簡単に隔壁作成が可能となり安全に根管治療が行なえるようになっている。

滅菌ラバーダム防湿セットの詳細

1、滅菌されているラバーダムクランプ

ラバーダムクランプ

歯にラバーダムシートを固定するための装置です。たくさんの種類がありますが、メインにこれを使っています。

2、滅菌されているクランプフォーセップス

クランプフォーセップス

クランプを把持するための器械です。

3、滅菌されているラバーダムパンチ

ラバーダムパンチ

ラバーダムシートに穴を開けます。これも滅菌セットに組んでいます。(パンチング)

4、滅菌されたラバーダムシート

ラバーダムシート

完璧に滅菌されたラバーダムシートです。ラバーダムシートの中でも安全性と操作性が良い、普及版ではないハイグレードのラバーダムシートを使用しています。

5、滅菌ラバーダムナプキン

ラバーダムナプキン

ラバーダムを装着する際に先ずお口の上に引くものです。ラバーダムシートを直接装着するより、ラバーダムナプキンを一枚挟むことにより装着感がより快適になります。

6、滅菌ラバーダムフレーム

ラバーダムフレーム

シート状のラバーダムシートを帆を張るように固定する装置です。樹脂製のもの、ステンレス製のものがあります。このフレームは折りたたみ機構がある優れものです。

7、滅菌したデンタルフロス

デンタルフロス

歯とラバーダムシートをしっかり適合させるためにデンタルフロスを使います。滅菌されています。

8、滅菌シリコーンチューブ

シリコーンチューブ

歯とラバーダムを固定するために使います。歯と歯の間に挟みます。 

9、滅菌されているハサミ

滅菌されているハサミ

フロスやチューブ、ラバーダムシートを修正したいときに用います。

Iritani Office
東京

ラバーダム防湿法とマイクロスコープは基本

歯科治療は一本の歯を確実に安全に行なうことから始まる。
歯の治療は清潔で乾いた状態で行なわなければならないのです。

ラバーダム防湿法

全ての歯科治療において可能な限りラバーダム防湿法を行なうことは歯科医師の責務であると考えます。ラバーダム防湿法を行なわないということは確実に歯の寿命を大きく縮めることになるからです。

歯科治療においてヒールオゾンなどの新技術や、3Mix-MP法(LSTR療法)などの新しい治療法、日々進歩する接着技術など、どんなに新しいものが歯科治療に組み入れられようが、基本処置で最も重要なものであるラバーダム防湿法を行わなければその効果はまったく得られないことになります。

歯の病気のほとんどはバクテイアが原因であり、歯の治療の全てはバイ菌との戦いであり、無菌的操作をすることが歯の寿命を延ばすことに直結します。

ラバーダム防湿法はマイクロスコープ(顕微鏡精密歯科治療)同様に歯科治療の基本中の基本であると言えます。

Iritani Office
東京

PAGETOP