東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • プラーク

タグ : プラーク

プラークのことを詳しく知ろう!

お口は細菌の住みか

みなさんの体の中で一番多くの種類の細菌が存在している場所はどこだと思いますか?

それはお口の中です。

生きた細菌のかたまりプラーク

お口の中の病気には、むし歯や口臭、歯周病などがあります。そのトラブルの原因となるのがみなさんもよく耳にするプラーク(歯垢)です。

プラークは歯の表面に付着した黄白色をした粘着性の物体のことで、生きた細菌のかたまりです。1mgのプラークの中にはおよそ1億個もの細菌がいるといわれています。

プラークの中には歯周病菌や、むし歯の原因になるミュータンス菌などが存在しており、さまざまなトラブルの原因となります。

プラークについて(wikipediaより)

プラークは粘着性があるため、うがいだけでは除去することはできません。

歯磨きをしても、磨き残しがあると、プラークが付着したままの状態となるので、口の中は危険な状態にさらされることになります。

磨き残しがある場所

では、プラークを除去するにはどうしたらよいのでしょうか。

お口の中の環境は一人一人それぞれ違います。

そのため、歯磨きもその人に合わせた方法で行うことがプラークの除去に有効です。

とくに歯ブラシの毛先が届きにくく、磨き残しがあるところは、

1.奥歯の噛みあわせ部分(咬合面)

2.歯と歯の間(隣接面)

3.歯と歯ぐきの境目(歯頸部)

また、毎日の歯磨きで自然にクセがついてしまうと、常に磨き残しのある場所を作ってしまいます。

歯科医院で定期健診を

そのため、歯科医院での定期検診などで磨き残しの確認(歯垢染色液剤によって簡単に調べることが可能)や、歯の状態に合わせたプラークの落とし方を歯科医師や歯科衛生士などの専門家から指導を受けて適切な歯磨きをするようにしましょう。

強く磨いてもダメ

歯磨きをするときに、歯ブラシをただあてて磨くだけでは十分にプラークを落とすことはできません。

歯ブラシの使い方にも気をつけましょう。基本的に歯ブラシをあてるときは軽い力で磨きます。歯ブラシで歯を強く磨いたからといってプラークが落ちるわけではありません。

強く磨くことで歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。わかりやすいやり方は、歯ブラシを鉛筆持ちで持って磨くことです。この持ち方をすることで過度の力は加わりません。

細かく磨くことがコツ

また、歯ブラシの毛先は歯面にきちんとあたるようにして1本ずつ細かく磨くようにしましょう。

歯磨きをする際に、歯ブラシとともに歯間ブラシやデンタルフロスを使用することも、プラーク除去には大変効果的です。

大切なことは、毎食後歯磨きをする習慣を身に付けることです。

また、歯科医院で定期的に健診を受けるようにしましょう!

大切!仕上げ磨き!

遊び感覚でトレーニング

小さなお子さんが、スプーンやフォークを使って食事が出来るようになったらぜひ、歯ブラシを持たせてあげてください。
遊び感覚でいいので自分自身でお口の中を磨くトレーニングをすることが大切です。
また、お子さんが自分の歯を磨くという行動が自立の第一歩だと思いませんか?

保護者の仕上げ磨き

もちろん、お子さん自身で歯磨きをしただけでは、うまくプラークを取り除くことも難しいと思いますし、磨き残しもあるとおもいます。
しかし、保護者の方が、最初から最後まで磨いてあげたのでは、お子さんの歯磨きの習慣が身につかなくなってしまいます。
そのため、まずはお子さん自身で歯磨きをしてもらい、最後に保護者の方の仕上げ磨きが欠かせません。

ここで、仕上げ磨きのポイントを説明します。

1.体勢

仕上げ磨きをするときは、お子さんの口の中が全体的によく見える体勢で行って下さい。
簡単に言うと、歯医者さんで診療椅子の上で寝た状態のことです。
お家に診療の椅子などありませんから、例えば、お子さんの頭を保護者の膝の上に乗せて固定してみると、お口の中全体が良く見えて、しっかり確認しながら磨くことができます。

2.歯ブラシの持ち方

歯磨きをするとき力を入れれば汚れが落ちると勘違いされている方が多くいます。
そんな方に多く見られる持ち方が、歯ブラシをにぎって磨く持ち方です。
しかし、力が入りすぎてしまうとお子さんが痛くて歯磨きを嫌がってしまったり、歯茎を傷つける原因になります。

正しい持ち方は鉛筆持ちで歯ブラシを持つことです。
鉛筆持ちなら力が入りすぎることが無く、歯ブラシを細かく磨くことができるので理想的な持ち方といえます。

3.動かし方

歯磨きをするときは横に大きく動かすのではなく、細かく動かすようにしましょう。
大きく動かす磨き方をしてしまうと、汚れもあまり落ちませんし、歯茎が傷ついたりします。
横に細かく動かすことで、歯垢(プラーク)もよく取れてきます。
だいたい一箇所磨くのに10回以上を目安に磨くと良いでしょう。

前歯:1本ずつ細かく磨いていきましょう

歯の裏側:歯ブラシを斜めに傾けて、歯と歯茎の間に歯ブラシの毛先が入り込むように磨きます。特に磨き残しの多いところなので丁寧に磨いてあげましょう。

噛み合わせの面:噛み合せの溝の部分は特に虫歯になりやすい場所です。角度を変えたりしながらよく確認して磨きましょう。

褒めることが大切

しかし、仕上げ磨きが完璧でも歯磨き自体を嫌がるお子さんが多いですよね。
そのため、歯磨き、仕上げ磨きができたら、褒めてあげるようにしましょう。

プラーク・唾液には細菌・カビがいっぱい

口腔内のバクテリアは歯や歯周組織だけではなく全身に重篤な影響を及ぼすことが科学的医学的に証明され常識となっています。

全ての人の口腔内には500種類前後の細菌(バクテリア)、カビ(真菌)、ウイルス、時には原虫やアメーバが生息しています。

プラーク 細菌 カビ 血球

当オフィスでは初診時の検査の一つに口腔内の細菌検査と血球免疫検査(歯肉炎)を行います。
位相差顕微鏡検査(上写真)、唾液検査、時には指先から血液を微量いただいての血液検査も行います。

この検査をせずして、ポケット測定、スケーリング、そして歯科治療を行うことはお口の中の感染をさらに広げる恐れがあるからです。また、知らずに治療を行ったりした場合予後が不良であったり、いくら歯ブラシをしても症状が改善せずむしろ歯周病や虫歯が進行してしまうケースもあります。

もし、問題があれば先進的な治療法で即時に対応できますのでご安心ください。

問題があるバクテリアやカビ、原虫、アメーバなどが存在した場合は対処が必要です。

Advenced Care Dental Office

むし歯は口の中でこうして生まれる

歯を失う原因

歯を失う原因の第1に、むし歯があげられます。48%がむし歯、42%が歯周病(歯槽膿漏)その他、10%というデータがあります。このむし歯はどうやってつくられるのでしょうか?

歯の組織エナメル質とは?

歯の表面は、エナメル質という人間の体の中でもっとも硬い組織でおおわれています。エナメル質が歯そのものをしっかり守っているのです。そのエナメル質を唾液が常におおっています。

虫歯の原因ミュータンス菌

ところが、むし歯の原因菌でもあるミュータンス菌がたくさん口の中にいると、その菌がエナメル質にとりついて、食べ物の中に含まれている砂糖をえさにして、乳酸や酢酸を作り出し、その酸のせいでむし歯が作られているのです。

ミュータンス菌が砂糖と出会うとグルコシルトランスフェラーゼ(GTF)という酵素を分泌して、ねばねばしてくっつきやすい粘着力の強いグルカンというものを作り出します。このグルカンが歯の表面にべったり張り付いて、そこにいろいろな菌が集まってきます。

歯垢(デンタルプラーク)

歯垢(デンタルプラーク)と呼ばれるものです。歯垢は食べ物のカスのように見えますが、すでに細菌の集団なのです。最初のうちは歯ブラシでこすれば取れますが、しだいに厚みを増し、その中で菌が増殖して、膜を作っていきます。

これが「バイオフィルム」です。

バイオフィルムを作らせないことが重要

このバイオフィルムにおおわれた菌はミュータンス菌が出す強い酸によって溶かされて、むし歯ができていくのです。

プラークを作らない、バイオフィルムをつくらせない、これがむし歯の本格的な治療であり、予防なのです。

歯周病も細菌によって起こりますが、その細菌もバイオフィルムの中にいるのです。

歯周病について2

歯周病の進行を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

歯のイラスト歯周病の原因はプラーク中の細菌です。

プラークを確実に取り除くことが最も大切なのです。その方法として正しいブラッシングをすること。では、“私はきちんと毎日ブラッシングをしているのに・・・なぜ?”と思われる方が多いと思います。

それに、成人の80%が歯周病ということですが、その方々全員がブラッシングをしていないとは考えられません。それではほとんどの方がブラッシングをしているのになぜ歯周病にかかってしまうのでしょうか。その最大の理由は、きちんと磨いているつもりでもきちんと磨けていないのが実状だからです。

「磨いている」と「磨けている」とは全く別のことになります。「磨いていても磨けていなければ意味がない」ということです。

<きちんと磨けていますか?>

ご自分に合った歯ブラシをお使いですか?
歯ブラシの持ち方は正しいですか?
正しい位置に歯ブラシが当たっているでしょうか?
磨く順序は?

お口の中は人それぞれ違います。ブラッシングの方法も違って当然なのです。ですから、歯周病予防には歯科医師と相談しながらご自分に合ったブラッシングの方法を見つけ出し、それを続けていくことが大切です。そうすれば、自然にきちんと磨けることにつながり、歯周病を防ぐことが出来るのです。

PAGETOP