東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • ドライマウス

タグ : ドライマウス

ミントタブレットは口臭には効かない?!

気になる口臭

みなさんの中には日々口臭で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

人と話をするときなど、口臭があるととても気になりますよね。

そのため、口臭が気になるな〰でも外出先で歯磨きなどもってないし。

という方は、コンビニなどに立ち寄り、ミント系やメンソール系のさわやかな香りのするタブレットを買って食べたりする人もいるのではないでしょうか。

mint

ミントのタブレットは逆効果?!

口臭をなくすために食べたのに、逆に口臭を強くするとしたらどう思いますか?

実は、ミントを食べることで、お口の中の唾液が一時的に出にくくなってしまい、唾液の分泌が下がってしまうそうです。

そのため、お口の中が乾燥してしまうそうです。

口臭には、さまざまな原因がありますが、その中でもお口の中の乾燥からくる口臭についてお話しします。

ドライマウスになることでの口臭

お口の中が乾燥し、ドライマウス状態(お口の中がネバネバするなど)になると口が臭くなると言われています。

わかりやすい例でいうと、朝起きたときに口がネバネバして気持ち悪いですよね。その時に口が臭いと言われる人もいるのではないでしょうか?

ではどうしたらよいのでしょうか?

口臭を予防するためには唾液を分泌させることが重要

固めなガムを食べると、噛む作用により唾液の分泌が促されます。味は柑橘系のレモンなどを選ぶとよいでしょう。

また日々生活をするなかで、うめぼしやレモンなど酸味の強いものを意識的に摂ることも唾液の分泌促進につながります。

うめぼしなどを想像しただけで唾液がにじみ出てきますよね!

唾液腺のマッサージも有効

そのほかにも唾液の出る線→唾液腺をマッサージするのもよいかもしれません。

お口の中の乾燥が悪さをするのは口臭だけではありません。

お口の乾燥は歯周病や虫歯になりやすくなったりしますので、ぜひ、身だしなみだけでなく、お口の中も気にしてみましょう。

あなたのお口は健康ですか?

お口の中の状態はどうですか?

朝、目覚めるとロの中がバリバリに乾いていて、気持ちが悪い。舌はひび割れて痛いし、口臭も気になる。この状態、唾液の分泌量が少なくなることによる口腔乾燥症「ドライマウス」かもしれません。ドライマウスは、年齢に関係なく症状が出ますが、男性より女性がなりやすいと言われます。

ドライマウスの原因は?

背景に、ストレスや不規則な食生活、さらに薬物の副作用があるとされます。症状が軽ければ、唾液がねばる程度ですが、重くなると、舌の表面がつるつるになり、粘膜が歯などで傷つき、炎症を起こしてしまいます。

ドライマウスに詳しい歯科医院に行くと、まず勧められるのが唾液検査です。唾液は、口の中をきれいにするほか、むし歯の修復、抗菌、潤滑作用などの働きがあります。少なくなると、口臭や口内炎の原因になり、口の動きが悪くなります。検査では、唾液中の雑菌の種類や分泌量を調べます。むし歯になりやすいかどうかを判断する目安にもしています。

対策はどうしたらいいの?

ドライマウスの対策として耳の下にある唾液腺のマッサージや、よく物をかむことのほか、保湿剤を使う方法があります。しかし、これらはいずれも対症療法です。ロの乾きには、こうした療法が中心になります。

義歯が合わない、口内炎ができやすいといった訴えの原因が、ドライマウスである場合もあります。口の粘膜に潤いを与えるためにシュガーレスの飴をなめる、水分で潤す、口の中の清掃をしっかりするといったことも大切です。

薬の副作用が原因のことも

また、乾燥の原因のひとつに挙げられる薬物の副作用も心配です。
水分をつくり出している分泌腺に障害が起きるシェーグレン症候群、放射線治療の影響、あるいは利尿剤、鎮痛剤、糖尿病治療薬などでも唾液の量は少なくなります。服用している薬がある時は、歯科医師とも情報を共有し、口腔管理だけでなく心身の健康やケアについても一緒に考えてもらいましょう。

病的な原因がなくても、日日常生活で緊張状態やストレスが続くと口の中は乾燥しやすくなります。リラックスできる時間を持ち、ゆっくりとよくかんで食事をする習慣をつけ、人生にも口の中にも潤いを保ちたいものです。

ドライマウスって?

あなたの口、渇いていませんか?

お口の中が渇いてドライマウス状態になっている方はいませんか?
チェックリストでチェックしてみましょう!

ドライマウスチェック

1.ロの中が焼けるように熱く感じる
2.舌がひりひり痛むような気がする
3.香辛料や濃い味がしみる
4.唇の皮がむける
5.しゃべりにくい
6.食べ物が飲み込みにくい
7.食べ物の味がわからない
8.口臭がある
9.舌が白い
10.食べかすが歯や粘膜に付着しやすい
11.口内炎ができやすい
12.義歯があわない
13.歯をみがいているのに虫歯になる

ha002各項目の回答を「時々」=1点、「常に」=2点で計算します。

合計で3点程度あったら、注意しながら様子をみましょう。

6点以上なら、歯科医に相談した方が良いでしょう。
唾液には、口の中の清掃、抗菌、潤滑など、大切な役割がたくさんあります。かかりつけの歯科医を決め、定期的な検診と歯の清掃を習慣化し、ロの中の環境を整えましょう

次回はもっとくわしくお話します。

PAGETOP