顕微鏡と超高画質マイクロCT併用の根管治療は絶対条件

要するに根管治療において顕微鏡とCBCTなしでの治療はかなりなリスクを伴いあり得ないということです。

オフィスのCTは開業医レベルではほとんど導入されていない世界一の鮮明な画像を得ることが出来、かつ低被爆容量の機種である。世界一よく見えるのである。

顕微鏡と超高画質CBCTなしでの根管治療(歯内療法)は無意味の可能性があるかもしれない、意図的にわざと治さない治療ともいえるだろう。無意味の多く削り、削るべきところは削らず歯におおきなだめーじを100%与えていると言っても過言ではない。感覚的に治療をしているからである。

顕微鏡と超高画質CBCTを併用した根管治療は桁外れに成功率を高め、今まで抜くという診断の歯のほとんどは治療可能となったのである。

超高画質マイクロCT