パーフェクトペリオは口腔内の治療に用いる薬液である

従って、細菌には効果的で、カラダにやさしいものでなくてはならない。

この根拠が日本食品分析センターにて全ての実験に於いて『無刺激物』の範疇にあるものと評価されたことが導入に至った理由である。

目に点眼しても、飲んでも安全である。

安全が第一の原点である。効果は二の次である。

【日本食品分析センターの試験結果】

※総トリハロメタン分析試験(第107080282-001号2007年8月7日)

問題のある化学物質は検出されなかった。
※皮膚一次刺激性試験(第107080282-002号)

『無刺激物』の範疇
※急性経口毒性試験(第107080282-003号)

異常及び死亡例は認められなかった。
※眼刺激性試験(第107080282-004号)

『無刺激物』の範疇
※変異原性試験(第107080282-005号)

『無刺激物』の範疇

先ず、安全であることが全てである。 効果は二の次でいい。

リステリンなどのアルコール系の消毒薬は刺激が強すぎる。目に入れて危険なものは歯肉溝へ入れることはできない。

コンクールなどクロルヘキシジンはアレルギーや歯の着色の問題がある。

抗生物質は耐性菌の問題がある。

パーフェクトペリオはいずれの問題もなく安全なのである。

東京の歯科医院の選択
パーフェクトぺリオ