【個室の理由は感染予防と歯を守るため】

当オフィスはマイクロスコープ顕微鏡歯科治療をより確実に行うために全室個室としています。

医院の建築設計は診療スタイルを決めてから考えました。約10年に及ぶ雇われ院長の経験からまず患者の安全を最優先に考え感染予防の観点に主体をおいて拘り抜いて設計しています。

現在は診療室は歯科医師専用個室と歯科衛生士専用個室の2つが稼働しています。そして滅菌保証を行なっているガラス張りの滅菌室。レントゲン・CBCT室があります。

完全予約制全個室診療

オフィスがドクターのみの診療日には院内は患者1名に対し貸し切り状態で人員計3名(患者1人に対し歯科医師・顕微鏡専門アシスタント・歯科秘書)、歯科衛生士診療がある場合はメンテナンスを行なう方1名が加わりますので人員5名(院内2名の患者に対し歯科医師・歯科衛生士・顕微鏡専門アシスタント・歯科秘書)体制で原則行なっています。歯科医師の同時並列診療は原則あり得ません。

個室診療は患者のプライバシーを守るだけではなく、感染予防、術者の集中力向上、診療システムの円滑化など様々な利点があります。医院構造にも特化している当オフィスは完全に壁で隔離された個室となっています。滅菌消毒室もガラス張りに隔離されています。

完全予約制全個室診療

完全予約制個室診療で一人の方に十分な時間を取る。そして安全な環境を確保する。それが当オフィスのマイクロスコープ顕微鏡歯科治療を行うための答えです。
隔離された個室は歯科医師や歯科衛生士の診療を集中させるだけではなく、交差感染や飛沫感染から診療を受ける方の安全を確保します。隣から聞こえる耳障りな治療音や会話などプライバシーも守られます。

マイクロスコープ顕微鏡歯科治療での完全予約制・全室個室診療は感染予防策と治療の質、そしてプライバシーを確保するための基本的なオフィスの姿勢です。それにより再治療のない歯を得る事が可能となり長く守ることがます。

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療