オフィスの顕微鏡マイクロコープは開業後間もなく導入した世界最高峰のCarl Zeiss OPMI pico MORA Interface

一般的に顕微鏡は根管治療(神経治療)に用いていると一般の方々だけではなく歯科医師でさえもほとんどが思うかもしれません。根管治療において顕微鏡を用いることは導入したその日から容易に用いること出来るからです。

私もそのように考え根管治療にだけ用いるものと思い導入しました。しかし使い込んでいくうちに顕微鏡マイクロスコープは歯や歯周組織の診査、虫歯、補綴治療、外科処置など全ての歯科治療に使えることがわかりました。それは肉眼やルーペでは決して見ることが出来ない世界であり、結果的に治療精度が桁外れに高まり治療結果が飛躍的に良くキレイに治療出来るようになったのです。

全ての治療に顕微鏡

『全ての治療を顕微鏡で』これはオフィスの特化した特徴でもあります。

顕微鏡を持つ歯科医師の中でもまだまだごく少数の顕微鏡歯科治療専門歯科医師にしか出来ない、習得するのが数年かかるといわれ最も難しいとされるFull Time-Direct・Woeking Viewでオフィスの歯科医師・歯科衛生士の全ての診療は顕微鏡行われます。これが出来なければ顕微鏡歯科治療は根管治療程度にとどまるか、またはほかの治療に使おうとしても治療が不確実かつ遅いものとなってしまいます。

根管治療だけ顕微鏡を用いてもその他の治療にも全て用いることが出来なければ、その歯は顕微鏡で治療を受けていないことと同じであると考えます。全てを顕微鏡治療で行わなければその歯は優位には絶対に良くならないのです。

顕微鏡検査、修復治療(エナメル質と象牙質)、歯周治療(今までの医学的常識を全て覆しました)、補綴処置(プレパレーションから咬合まで)、口腔外科処置など全てを顕微鏡マイクロスコープを用いることにより今までは治療が不可能であった歯が治療出来るだけではなく、審美的にも良好な結果を得ることが出来ます。