根管治療や補綴・修復治療の仮歯(テック、TEK)の必要性

虫歯で歯を部分的に失い治療を行なうわけであるが、その際には欠損している部分を何らかの歯科材料で補うということが必要になる。

銀歯を除去しゴールドインレーを装着したケース

銀歯を除去し仮歯を入れる。テンポラリーインレーはインレーが出来るまでの間の感染防止と咬合の保全を担う

東京顕微鏡歯科 仮歯 テンポラリークラウン

一般的な歯科治療では簡易的なもの(デュラシール、フィットシール、ストッピング)が多く見受けられ患者が転院しているケースがほとんどのように思う。

しかしそれではダメである。

簡易的な仮歯は歯科医学的には歯自体の感染が即時に起こってしまい、それに伴い破折のリスク、歯の移動による咬合・噛み合わせの変化、コンタクトポイントの不良を招いてしまう。仮止めがボロボロに脱離したり柔らかい感触があるのなら注意が必要である。

そのような取り返しのつかない不必要なリスクを患者に与えないためにオフィスではテンポラリー(仮歯)をほぼ全ケースでどのような状況でも作製し治療にあたっている。

仮歯は特に根管治療の際は絶対に必要と考える。感染予防だけの問題だけではない。特に奥歯の場合は仮歯無しでの治療は歯を移動させ治療中のみならず治療後も歯の形態などにを生じさせるからである。