手を洗うだけの専用のコーナーがあるということは、小さな歯科医院おいて感染予防策を重要視しているかどうかの指標となる。

専用の手洗い場

当オフィスでは小さいながらも、手荒い専用に開発された清潔な目地の無い一体型の洗面台を完備している。

手洗い専用であるので清潔さを追求するため水栓やチェーン、オーバーフローの穴はない。自動で石けん、水、消毒用エタノールが供給される。

医療ではエアータオルは不向き(むしろ厳禁)とされるため、清潔なペーパータオルが右上に常備されている。
CDCガイドラインにより最も重大な1Aのカテゴリーに分類される医療用ハンドローションも常備している。

3人の常勤スタッフは一日ここで延べ数十回手を洗う。

一日の始まりは手を洗うことから始まり、事ある毎に手をあらい、仕事の終わりにも手を洗う。