東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
ブログ
  • HOME »
  • 一本の歯の治療

一本の歯の治療

歯を長く持たせるには

当オフィスは歯科医師・歯科衛生士が全患者・全治療・全行程、全てを顕微鏡で行なう日本唯一の歯科医院である。

歯科衛生士

医師の多くは歯科医師は10ミリ程度の歯を肉眼やルーペで治療していることに違和感を抱いていると聞く。細かい治療においてはコンマ数ミリ以下の精度で行われているのに顕微鏡を使わないのはナンセンスであると考えているようだ。その通りである。

歯は可能な限り小さく、そして余計なところは削らない治療がいいに決まっている。それには全てを顕微鏡で治療するしか選択はないだろう。

現代歯科学においては歯を大きく削る金属治療の意義がなくなり接着技術が確立し小さく治療しかつ再治療というリスクはほぼ解消した。

セラミックが脱離する、破折するというトラブルの原因は歯科医師や歯科技工士のスキルに依存するのである。基本通りキッチリと治療を行えば再治療や経年劣化以外のトラブルがほとんどない治療が出来るだろう。

3枚治療中静止画像

【3枚治療中静止画像。右術後画像フロスがパチッと弾けるクリアな曲線は顕微鏡歯科治療のみなし得る】

患者がいい歯科医を見分ける最も簡単な方法はフロスがパチパチ弾けるか。ささくれたりきつすぎたり緩すぎたりする歯科医はダメである。もしそうなってしまい治療をした歯科医師に修正するよう申し出て再治療を拒否したならば直ちに歯科医を代えるべきである。

削らないように完全なる検査と予防処置が必要であるが、エナメル質を打ち破り残念ながら治療に至ってしまった歯を長持ちさせる治療法はある。

現在の歯科学で有効といわれる治療法がそれにあたる。

重要なことは

  1. 全てを顕微鏡歯科治療行い虫歯はキレイに除去し健全歯質は出来るだけ削らないこと。肉眼やルーペでは不可能と考える。すなわちマイクロスコープ(顕微鏡歯科治療)が基本であること。ラバーダム防湿法も絶対に必要である。
  2. そして、現段階で最も有効といえる最新の接着技術(材料)で詰めものと強固に接着・密閉させることにある。

そうすれば歯は長持ちする。

歯を長く持たせるには次の治療までの間隔を長くすること。出来るだけ小さく削り治療回数を稼ぐことにある。

エナメル質と詰め物の受ける刺激は、同じ環境(熱、酸、温度、水分など)でも異なりその反応も異なるからである。

数十年機能させることが出来る治療法を生涯数回受ければいいのである。

ただし、虫歯を早期に発見することが条件である。それには精密な検査と歯科衛生士のメインテナンスが必須であることは言うまでもない。

Advenced Care Dental Office

虫歯の治療もラバーダム防湿法が基本原則

例えれば、歯とはカルシウムの殻で覆われた卵の様なものである。殻が壊れれば中身が即座に腐敗してしまう。

虫歯の治療に於いて最も重要なことの一つはバクテリアやカビが多く潜む唾液から歯を守る環境を作るということである。そして、ドライな環境を作ることである。

歯は無機質であるエナメル質で覆われている。エナメル質は皮膚と同じ外表であり体でもとも固い組織である。しかしその内部は有機質であるコラーゲンから出来た象牙質、そして赤血球も出入りする歯髄(神経)からで来ている。象牙質には無数の細い管もある。エナメル質の内側は体の臓器や血管筋肉と同じ内部と言える。

体の内部である象牙質や歯髄にバクテリアやカビが感染した場合は長期的な良好な予後は得られない可能性が高い。唾液は細菌学的には汚れた河川と同じ細菌やカビが多く潜む。
また、接着作業を行う際はぬれた状態ではなく乾いた状態が必要である。ぬれた状態では薬の作用や接着作業がうまくいかない
その環境を作る最も適したものがラバーダム防湿法と言える。

虫歯の治療 ラバーダム防湿

歯科治療には必須の基本術式と言える。

ラバーダム防湿法は術野(歯)を隔離し明確に露出させ、清潔で乾いた環境で作業が出来る歯科治療の基本となる。
結果的に治療に至った歯を長期的に長持ちさせるということのなる。

Advenced Care Dental Office

一本の歯の治療を追求する

2000年以降歯科治療は激変した

2000年以前の一本の治療法は全て否定され無意味であったと言っても言い過ぎではない。

【マイクロスコープ(顕微鏡精密歯科治療)】

日本で唯一の顕微鏡専門歯科医院

マイクロスコープ

本気に歯を残そうとする歯科医師の必須アイテム。精密さを追求する歯科医師達の歯科治療の基本である。

当オフィスでは歯科医師・歯科衛生士が全てを顕微鏡診療を行なう日本で唯一の歯科医院である。

【コンピュータ解析・画像診断】

☆ 世界最高峰超高画質最低被爆マイクロCBCT

世界最高峰超高画質最低被爆マイクロCBCT

レントゲン写真では分からなかったこと、見えなかったことが、この世界最高峰のマイクロCTでは分かるように見えるようになりなりました。今までのレントゲン画像診断は間違いであったことが証明されたのです。

特に感染根管治療の術前診断においては一般的なレントゲン写真では診断が困難でったことが歯科医学的なリサーチで証明されました。マイクロCT画像なしでの診断と治療は歯科医学的にあり得ないということになったのです。

☆PROTAR evo7 / プロターevo7

PROTAR evo7 / プロターevo7

虫歯や歯周病そして顎関節症、全ての主たる原因は咬合(噛み合わせ)にある。

オフィスでは全ての患者さんで歯型とフェイスボートランスファーを行い治療に役立てている。

☆ARUCS Digma / アルクスディグマ2

ARUCS Digma / アルクスディグマ2

人の感覚を超えた情報を得ることが出来る下顎運動の計測と分析をする装置です。

世界で最も高い評価を受けているARUCS Digma / アルクスディグマ2は超音波測定によるデジタル式顎運動計測装置です。歯科診療に求められる的確かつ素早い診断を実現するために先進的な機能を搭載し治療の核となすようになってきた。難しいとされている「正しい咬合採得の根拠」を科学的に解析し「噛みたい位置に噛ませる治療」を診断する装置です。

機能

咬合器用レポート作成
咀嚼運動による中心位決定
ゴシックアーチによる中心位決定
下顎ポジションの決定
顎運動分析
EPA(複数の顎位を同座標で比較)
筋電計

【最新の根管治療の機器・器材】

最新の根管治療の機器・器材

☆トルクコントロールエンジン
組織に侵襲を与えない、コンピュータ制御により器具に負担をかけない装置です。

☆ニッケルチタンファイル
…トルクコントロールエンジンとの併用によりより精度の高い神経の治療が可能となった。オフィスでは破折防止のため手用・エンジンファイル類は全て使い捨てとしている。


【MTA】

MTA

これがなければほとんどの歯は助けることが出来ない。MTAの開発により破折歯やパーフォレーションの治療がマイクロスコープを用いることにより成功率が飛躍的に伸びたのである。様々な先進機器と薬剤は歯科治療を根本からかえてしまったと言っても過言ではないだろう。当オフィスでは2種類のMTAを症例により使い分けかつてない成功率の高さを実感している。

【病巣無菌化組織修復療法】

3mix-MP ドックスベストセメント 削らない歯

細菌が関連する疾患の治療は病巣細菌を除去することにより細菌学的、組織・病理学的基礎研究が行なわれている。その結果、病巣が無菌化されるとその組織が修復されることが確認されている。一般的に宣伝広告から3Mix-MP法』や『ドックベストセメント(Doc’s BestTM) 』などが患者の間では有名であろう。

当オフィスでは虫歯や歯周病、そして感染根管などにルーティンにそれら先進的な医薬品や材料を用いることにより大変良好な結果を得ている。

詳しくはここ→http://iritani.exblog.jp/7933119/

【接着理論】
…接着理論が急速に研究が進み信頼性が増した。削らない治療が可能となった。

【内科的な歯科治療】
…歯科治療は外科処置の連続と言っていい。しかいし様々な薬品が開発され削らない・切らない・抜かないという治療法も研究が進んできた

東京 iritani office

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ