東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
ブログ
  • HOME »
  • パーフェクトぺリオ

パーフェクトぺリオ

パーフェクトペリオ 活性化HCLO療法の凄み

パーフェクトペリオ 活性化HCLO療法の凄みはカラダにやさしく、且つ最も効果的にカラダに悪いバクテリアを溶菌(殺菌)してしまうことにある。

新しい分野のこの治療法の可能性はとどまることを知らないだろう。

Advenced Care Dental Office

パーフェクトペリオ 活性化HCLO療法

活性化HClO療法とは能力の優れた自己の免疫殺菌成分である 体液成分HCIOを用い高純度に活性化させた状態でう窩・歯周ポケット内に注入し、う蝕病原菌・歯周病原菌を瞬時に溶菌する最先端の治療法です。

好中球

活性化HClO療法には歯周組織にダメージを与え、全身疾患に悪影響を及ぼすマクロファージの活性化を阻止する働きもあります。

従来より行われてきた歯周治療で避けて通れなかった外科療法による肉体的、精神的苦痛や抗生物質などを用いた化学療法による副作用や耐性菌の問題がありません。

この先進的治療法は現在大学研究機関で安全性や有効性が確認され、多くの研究がされています。

東京 パーフェクトぺリオ

安全性。当院はなぜパーフェクトぺリオを選択したか。東京の歯科医院

パーフェクトペリオは口腔内の治療に用いる薬液である

従って、細菌には効果的で、カラダにやさしいものでなくてはならない。

この根拠が日本食品分析センターにて全ての実験に於いて『無刺激物』の範疇にあるものと評価されたことが導入に至った理由である。

目に点眼しても、飲んでも安全である。

安全が第一の原点である。効果は二の次である。

【日本食品分析センターの試験結果】

※総トリハロメタン分析試験(第107080282-001号2007年8月7日)

問題のある化学物質は検出されなかった。
※皮膚一次刺激性試験(第107080282-002号)

『無刺激物』の範疇
※急性経口毒性試験(第107080282-003号)

異常及び死亡例は認められなかった。
※眼刺激性試験(第107080282-004号)

『無刺激物』の範疇
※変異原性試験(第107080282-005号)

『無刺激物』の範疇

先ず、安全であることが全てである。 効果は二の次でいい。

リステリンなどのアルコール系の消毒薬は刺激が強すぎる。目に入れて危険なものは歯肉溝へ入れることはできない。

コンクールなどクロルヘキシジンはアレルギーや歯の着色の問題がある。

抗生物質は耐性菌の問題がある。

パーフェクトペリオはいずれの問題もなく安全なのである。

東京の歯科医院の選択
パーフェクトぺリオ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ