デジタル化されたレントゲン室です。

デジタル化されたレントゲン室

レントゲン室と言えば無機質なイメージですが、デザイン性を重視し設計してもらいました。作業上の理由があり暗めの色調にしました。
レントゲン機器は全てデジタル化されカラダにほとんど影響されることのない被曝量で安全に撮影されます。

先進的なアメリカ製パノラマ・セファロエックス線撮影装置と先進医療機器大国のイスラエル製デジタルスキャナー、そして最も歯科治療に基本のデンタル撮影装置は日本製最高機種を取り揃えました。

画像データは歯科先進国アメリカ製のソフトを使い説明しています。 まだ検討中ですが、将来を考えCT装置も入れられるよう壁の厚さや電源は確保してあります。