東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
ブログ
  • HOME »
  • 極力抜かない

極力抜かない

歯根破折、パーフォレーション、根尖病巣の治療

一日の治療時間の半分は感染根管の再治療となる日が増えてきた。

歯根破折、パーフォレーション、根尖病巣の治療

他の医療機関で抜かなければならないと診断を受けた歯、歯が割れてしまった歯根破折、治療中に誤って穴をあけてしまったと思われるケース(パーフォレーション)、根尖病巣…。

マイクロスコープの出現により、10年前は抜くしか出来なかった傷んだ歯が、かなりの確率で治療ができるようになったのです。

現代ではもうマイクロスコープがないから歯を抜くしかないということは通用しなくなりました。

大小の医療機関で歯を抜きインプラント治療やその他の義歯の治療を勧められたケースが多く見受けられますが、歯を抜く前にマイクロスコープで根管治療を行う歯科医師の役割は重要であると考えます。

マイクロスコープでの診断なしに歯を抜くこと、治療を試みず歯を抜くことはあってはならないと思うのです。

Advenced Care Dental Office

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ