予防と健康維持・増進には必要不可欠

完全なる検査資料の積み重ねは健康であることの確認が出来るだけでなく、初期のトラブルを早期に発見し対処出来という重要なポイントです。予防と健康維持・増進には必要不可欠となります。

当オフィスでは検査結果や治療の過程をお見せするために、データ管理はすべてコンピューターで保存しいつでもお見せできる体制・比較検討出来る体制を整えています。データや画像を見てる、そして理解することによりそれが健康へと導かれると考えているからです。

モニター画像で説明

初診時には精密なハイスペックデジタルレントゲン検査、高品位のデジタルカメラによる口腔撮影、血液細菌抗原検査、唾液生化学検査、ガスクロマトグラフ(口臭検査)、口腔細菌観察用ペリオスコープ、マイクロスコープによる拡大画像検査…様々な精密検査を診療を受けている方は見たり、知ることができます。

かつての歯科医療の検査データと言えばポケット測定(プロービングデプス)や付着歯肉幅など再現性に乏しい見た目の検査だけでした。それは術者によりその検査結果にばバラつきがあり信頼に値するものとはいえず、科学的論拠に乏しいものとされてきました。
先進的な歯科科学では特に初診時のポケット測定は全身的生命的に危険であることが一部の歯科医師や心臓外科医師・脳外科医師・内科医師からの指摘もあり信頼性のある細菌学的アプローチの手法が普及し始めています。

オーラルクロマ口臭

近年の歯科医療は唾液や血液からの生化学検査や細菌検査が進歩し再現性のある信頼性を得る検査法が確立し、またマイクロスコープやマイクロCT検査など精細な検査ができるようになり、客観的な正確なデータを見ることができるようになったのです。

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療