東京にて世界最高峰の超高画質マイクロCBCTを完備したマイクロスコープ顕微鏡歯科治療とラバーダム防湿を行う歯医者です
  • 東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療
  • 全顕微鏡歯科治療・ラバーダム防湿法・完全予約制・全個室診療

当オフィスは歯科医師・歯科衛生士が全患者・全治療・全行程、全てを顕微鏡で行なう日本唯一の歯科医院であります。

大学病院クラスと同等もしくは場合により遙かにしのぐ医療機器・器具器材を取り揃え、大学病院等では最先端と標榜しているごく一部の患者しか受けることが出来ない治療を普通に全ての患者に分け隔てなく行なっている歯科医院となります。

 歯を残すことが最優先の治療

B8B2C8F9B6C0BBF5B2CABCA3CEC5BAACB4C9BCA3CEC5根管治療・虫歯治療全て顕微鏡治療で歯を生涯にわたり再治療の無いように守る。現代歯科学におけるちゃんとした治療を受けていればそんなことは起こらなかったはずであると考えます。多くの歯にトラブルを抱え歯を失い悩んでいる患者をたくさん診てきた結果、全にこだわり治療を確実に行なえればほとんどの歯は長く使え救えるはずであるとの結論に至りました。他院には出来ない治療を脂歯を助けること。

それがオフィスの役割であります。

ブログ→ http://iritani.exblog.jp 

【全ては歯を残すために、オフィスは全ての患者で以下を行います】

※オフィスは全て歯が中身も外見もキレイに良くなる最先端の治療が標準です。動画や静止画ショットで全て公開しております。これが大切でありこれも当オフィスだけの特徴です。

※多くの歯科医院で行われております歯科助手・歯科衛生士の不適切な治療行為はありませんのでご安心下さい。歯科医師が全て医師・歯科医師に行うのと同じ治療を全ての患者さんに提供しております。

※同時並列診療のない全室個室・完全予約制です。
感染予防(飛沫や’交差感染)、精密歯科診療で歯を治すために絶対に必要です。

※十分な時間を取り話をうかがい説明をしています。

※治療の質、器材・医薬品等は最高水準・上室なものに限ります。それしか取り揃えておりません。
最先端の治療が標準です。

※あらゆる治療でラバーダム防湿を行なっております。
神経の治療だけではなく虫歯治療までありとあらゆるできる限り治療に用いてます。

※全治療・全過程で全て顕微鏡マイクロスコープを用いてます。
顕微鏡治療が全てです。顕微鏡専門歯科医最高峰のフルタイムワーキングダイレクトビューの診療です。

※2次カリエス、再発がない治療とする。
現代歯科学においては脱離や2次カリエスというリスクはほぼ解消されています。

※歯科医師・技工士・衛生士は臨床経験10年以上でです。
大学病院バイト歯科医師や臨床経験の浅い歯科医の診療はありません。

※全ての検査・治療・説明は歯科医師のみが行います(注釈)

(歯科助手・歯科衛生士の無資格診療はありません。)

(注釈)私が全て行うので代診・勤務医によるリスクはない。
唾液採取、体温・血圧測定は除く。衛生士口腔メンテナンスは除く

【コンセプト】

一般的な歯科診療は初めて歯科医院を訪れたら受付から直接診療チェアへと導かれ、話し合いや説明も十分に行なわれずイスを倒されすぐに麻酔を打たれ歯を削られてしまう。医者へ行っていきなりオペをされてしまうの如くです。そしてほとんどは歯科医師以外の歯科助手や歯科衛生士が治療を行なう同時並列無資格診療が多くの歯科医院で行なわれている現実かもしれません。

客観的にみると患者は受付から手術台に直接通されいきなりオペをされてしまう。歯科医師は患者の健康はどうでもよく削る歯を探したいだけで治療も適当でほとんどは無資格者治療(歯科助手・歯科衛生士)が横行しているようだと自分は歯科医師になり感じていた。もちろんそのような状況では医学的な診療も行なわれるはずもない。

歯はもっと残せる

それでは患者の歯は良くならず再発再治療を繰り返してしまう。そんな歯科医療ではいけない。歯はもっと残せるし治して機能させることが出来るし、健康維持・増進が可能な器官なのである。

だから自分は歯科医師が医師・歯科医師に行う治療、医師・歯科医師が受ける治療しか行わない。それは集中出来る環境で行なう歯を極力削らない治療、神経を抜かない治療、歯を抜かない治療です。そして再発やトラブルのないように長期にわたり機能させる治療です。現代歯科学において有効な治療でありその歯科医師の知識と腕のみが最大限に発揮され試される治療です。

オフィスはプロに全てを公開できる

そういう治療はもちろん一般の方々は受けることはまず出来ないだろうと思われます。どんなに偉くても仲が良くても知り合いでも一般の方々とは違う特別な環境やちゃんとした治療法がプロ同士にはあるのです。
オフィスはプロに全てを公開し見せられる、そういう特別な診療のみを提供する歯科医院であります。

Advenced Care Dental Office

Advanced Care Dental Office 顕微鏡歯科治療専門チーム

今までの意味のなかった過剰治療ではない過剰品質治療で歯を守ること

我々は東京にて世界最高峰超高画質マイクロCTスキャンを併用し全ての治療においてマイクロスコープ顕微鏡歯科治療を行う歯を残すために特化した専門チームです。医師・歯科医師などプロフェッショナルに説明できる顕微鏡マイクロスコープを用いた現代歯科学において最高の歯科医療を提供することをコンセプトとしております。

●●Advanced Care Dental Office●●

私の臨床的感覚では顕微鏡マイクロスコープと超高画質CBCTをベースとして様々な医療機器や薬剤が開発されそれらが存在していなかった西暦2000年以前の治療と比べ痛んでしまった歯抜くことや神経を抜く確率は桁外れに減少しほとんどが残せるようになりました。

口腔の健康の基本は予防と健康維持・増進が重要です。しかし、万が一『虫歯』や『歯周病』になってしまったら出来るだけ小さくそして精密に処置をすることが現代医学においては基本コンセプトとなっています。

カラダに負担がかからず回復も早く見込めるからです。虫歯治療や神経・歯周病治療などあらゆる歯科治療において小さく治療するという事は、大きく拡大する装置が絶対に必要です。

それには歯科医療においては機動性に優れた最高のマイクロスコープが必要不可欠でしょう。現代歯科学で考えられる顕微鏡を用いた最先端の医術を習得し、自分に出来る最高の診療を行うことが医療の本質と考えます。

当オフィスではラバーダム防湿法を可能な限り併用した虫歯治療・根管治療、先進的な歯周組織再生療法などの基礎治療、そして外科処置や審美的な補綴治療など全ての治療で顕微鏡マイクロスコープを用ることにより、高いレベルでの治療精度を追求し続けています。

世界最高峰最高機種 超高画質マイクロCT CBCT 3DX

神経(歯髄)が最もよく見える最高の超高画質CT

これが世界トップクラスの根管治療をメインに行なう歯科医師が採用するCBCTです。

当オフィスで皆様が期待されるのは常に最高のものであること。従って当然数ある歯科用CTから選んだのは世界が認める純国産の世界一の最高峰最先端のCBCTです。開業医レベルでは希少であり主に歯科大学病院レベルに設置されるクラスのCTスキャンです。

マイクロCT画像による診断は今現在も単純エックス線撮影(デンタル標準レントゲン写真)にょる診断を遥かに上回る正確さであるので、今までの歯科医学論文の根本が覆される事態になっています。従って、特にマイクロCTによる画像診断、特により確実な治療結果を得体と考えるならば根管治療においては必要不可欠なものとなりマイクロCT画像診断無しでの治療はあり得ないと考えます。

超高画質マイクロCT CBCT 3DX

ほとんどの歯科用CT(廉価版CTやパノラマ複合機CT)はさほど高画質を要求されない顎骨を見るだけのインプラント診断用といっていいでしょう。当院に導入いたしました超高画質マイクロCT専用機は顎骨だけではなく歯およびその周囲がどのような状態になっているのかも鮮明に解析する事が出来る世界最高峰の性能であり、かつ最も被曝量も少ない自然界レベルのマイクロCTです。

今まではCTセンターへご足労願い皆様へCT撮影をお願いしておりましたが、即時に必要なときに撮影が可能になりました。そして顕微鏡歯科治療の質は桁外れに向上し歯を残せるようになりました。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ